書籍詳細:表見法理の帰責構造

表見法理の帰責構造

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 8,800円(本体価格 8,000円)
在庫僅少
発刊年月
2014.09
ISBN
978-4-535-52014-1
判型
A5判上製
ページ数
636ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

「虚偽表示」「債権準占有」「表見代理」のベースとなる表見法理とその帰責構造を体系的に考察。待望の本格的研究書。

目次

序 章 問題の所在と本書の課題

 第一節 問題の所在

 第二節 帰責性に関する従来の研究とその問題点



第一章 民法九四条ニ項の帰責構造

 第一節 民法九四条ニ項の帰責根拠

 第二節 民法九四条ニ項の類推適用



第二章 民法四七八条の帰責構造

 第一節 民法四七八条の帰責根拠

 第二節 民法四七八条の類推適用

 第三節 預金取引の二重構造



第三章 表見代理の帰責構造

 第一節 表見代理の帰責根拠

 第二節 表見代理規定の類推適用



第四章 表見法理の帰責構造と他人による行為

 第一節 表見法理の帰責構造の多様性と共通性

 第二節 他人による行為と表見法理



本書収録論文初出一覧