書籍詳細:集団的自衛権容認を批判する

シリーズ:別冊法学セミナー

集団的自衛権容認を批判する

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,540円(本体価格 1,400円)
在庫あり
発刊年月
2014.08
ISBN
978-4-535-40845-6
判型
A5判
ページ数
152ページ
Cコード
C9432
ジャンル

内容紹介

安倍内閣が強行する集団的自衛権の行使容認に対して、政治学、国際法学、憲法学、平和学の視点から、市民に向けて、問題点を明らかにする。

目次

第1章 安倍政権の改憲・軍事大国化構想の中の集団的自衛権……渡辺 治



第2章 国際法から見た集団的自衛権行使容認の問題点……山形英郎



第3章 集団的自衛権はどのように議論されてきたか――過去の議論と市民の役割……浦田一郎



第4章 東アジア平和秩序への道筋――ミリタリズムを批判・抑制する力……君島東彦



第5章 集団的自衛権の行使容認をめぐる最近の動向について――安保法制懇報告と政府「基本的方向性」を中心に……小沢隆一

書評掲載案内

■2014年10月12日付『しんぶん 赤旗』(評者:田中倫夫※記者)