書籍詳細:親権法の比較研究

親権法の比較研究

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,940円(本体価格 5,500円)
在庫あり
発刊年月
2014.08(上旬刊)
ISBN
978-4-535-52044-8
判型
A5判上製
ページ数
444ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

世界各国の親権法を比較・分析する書。大陸法や英米法のみならず、アジアや北欧、南米も射程に収め、親権法の現在を描き出す。

目次

まえがき……床谷文雄



[英米法]



イギリス……田巻帝子

1 現代のイギリス社会と家族

2 親権法・制度の沿革

3 親と子とPR

4 PRをめぐる問題

5 公的機関の関与と責務

6 おわりに



アメリカ……山口亮子

1 はじめに

2 アメリカ合衆国の社会

3 親権をめぐる制度と現状

4 親権・監護権の制限

5 おわりに



オーストラリア……小川富之

1 はじめに――オーストラリアの法制度と家族法

2 オーストラリアの離婚制度

3 子どもに対する権利義務(親権・監護(権)および親責任)

4 おわりに



ニュージーランド……梅澤 彩

1 はじめに

2 ニュージーランドの歴史・社会の実際と家族法

3 後見法制の沿革・基本構造

4 後見をめぐる紛争

5 おわりに



シンガポール……清末愛砂

1 はじめに

2 シンガポール社会の家族をめぐる状況

3 家族法の歴史

4 現行の親権法制にいたるまで

5 親権法制における2つの理念

6 子に関する取決めと裁判所命令

7 おわりに



[大陸法]



ドイツ……床谷文雄

1 親権法の理念の転換

2 配慮権の帰属と行使

3 配慮権の内容

4 子との面会交流

5 養育費の支払義務と履行確保

6 配慮権紛争解決手続の革新



ドイツ・補論……稲垣朋子

1 父母の親としての適格性

2 父母の協力

3 他方の親と子との結びつきに対する寛容性

4 子の発達の促進

5 子の生活環境の継続性

6 子の意思

7 交替モデル



オーストリア……渡邉泰彦

1 配慮に関する規定の沿革

2 子の福祉

3 配慮(Obsorege)の一般原則

4 配慮の内容

5 配慮権者

6 配慮の変更

7 配慮の剥奪・制限

8 人的コンタクト権

9 家庭裁判所補助

10 おわりに



フランス……栗林佳代

1 はじめに

2 親権法・制度の沿革

3 離別後の共同親権の実効性を高めるための制度

4 親権の制限の場面

5 おわりに



イタリア……椎名規子

1 イタリアの社会

2 親権法・制度の沿革

3 親権法の構造

4 婚外子の親権

5 別居・離婚後における親権

6 おわりに



ブラジル……マルセロ デ アウカンタラ

1 はじめに

2 ブラジルの社会・家族事情

3 親権法・制度の沿革

4 親権法の基本構造

5 親権・監護の制限

6 おわりに



[北欧法]



スウェーデン……千葉華月

1 はじめに――家族をめぐる状況とそれを取り巻く社会制度

2 親子法――制度の沿革

3 親子関係確定の基本原則――実親子関係

4 親子法の基本構造――監護、居所および面会交流

5 養育費――養育費分担費および養育費補助

6 監護権の制限――公的制限

7 おわりに



[東欧法]



ポーランド……小森田秋夫

1 はじめに――ポーランドという国

2 家族法の沿革と家族の現状

3 親権と子ども・家族をめぐる制度的インフラ

4 親権法の構造

5 親と子との接触

6 おわりに――「父親に対する差別」をめぐって



[アジア法]



中国……朱 曄

1 はじめに

2 中国の社会・家族事情

3 親権法・制度の沿革、概要および特徴

4 中国における家事紛争解決方法の仕組

5 親権制度の運用状況

6 親権法制整備に関する動向

7 おわりに



台湾……黄 浄愉

1 はじめに

2 台湾の社会・家族事情

3 親権法の沿革

4 親権法の構造

5 むすびに



韓国……金 亮完

1 はじめに

2 家族をめぐる韓国の状況

3 親権法の沿革

4 親権法の内容

5 韓国の親権法の特徴

6 結びに代えて



インド・パキスタン……伊藤弘子

1 インドおよびパキスタン法の歴史的背景

2 インドの親権法

3 パキスタンの親権法



日本法

務家の視点から……榊原富士子・打越さく良

1 はじめに

2 親権・監護者等の実務の現状

3 子の意思の尊重

4 面会交流

5 養育費

6 おわりに――離婚後の親責任を果たすために



各国法からの示唆……本山 敦

1 はじめに

2 各国法の特色

3 日本法への示唆

4 むすびに



あとがき……本山 敦