書籍詳細:鶴見俊輔に学んだ精神医療

鶴見俊輔に学んだ精神医療

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,090円(本体価格 1,900円)
在庫あり
発刊年月
2014.07(中旬刊)
ISBN
978-4-535-80436-4
判型
四六判
ページ数
248ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

二〇代で哲学者・鶴見俊輔と「思想の科学」に出会い、その後精神科医となった著者が、四〇年余の交流の記憶をもとに自傷、アルコール・薬物依存、摂食障害の臨床経験を語る。

目次

第1章 精神科断章ーー六〇歳の地平から

第2章 家族と秘密

第3章 自傷と自死に向かう人と社会

第4章 長期入院の患者さんたち

第5章 父の肖像

第6章 精神科の習慣

第7章 アルコール医療から学ぶ

第8章 なだいなだの教え

第9章 薬物依存症者への愛

第10章 摂食障害と「マーサウの会」

第11章 思春期の受診・援助職

第12章 正解を求める強迫ーー摂食障害で看護との対話を考える

第13章 鶴見俊輔に学んだ精神医療

書評掲載案内

■2014年11月5日号『ふぇみん』