書籍詳細:経済学ベーシック

シリーズ:トリアーデ経済学

[トリアーデ経済学1] 経済学ベーシック

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,420円(本体価格 2,200円)
在庫あり
発刊年月
2014.04(下旬刊)
ISBN
978-4-535-55757-4
判型
A5判
ページ数
272ページ
Cコード
C3333
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

高校「政治・経済」で学んだ内容との連携を重視、本書での学習がその後のミクロ経済学・マクロ経済学へ連携することを狙う三部作。

目次

はしがき(細江守紀)



序章 経済学とはなにか



第1章 マクロ経済学の学び方

1.1 高校の「政治・経済」で学んだこと

1.2 GDPとは

1.3 GDPの決まり方

1.4 新聞記事からGDPを学ぶ

1.5 経済学部の学生にとって必須の計算

1.6 経済学の学び方

○教えて!先生:日経新聞の読み方



第2章 市場とはなにか

2.1 市場とは

2.2 市場と競争

2.3  需要と供給

2.4 市場均衡

コラム:現代経済学の流れをつくった経済学者



第3章 お金の役割

3.1 経済学での「お金」とは?

3.2 貨幣の役割

3.3 貨幣は誰が発行しているの?

3.4 今後マクロ経済学で学ぶこと

○教えて!先生:ロックンローラーな経済学者ランドール・ライト

○教えて!先生:信用創造とサブプライムローン問題



第4章  リスクと保険

4.1 リスクと選択

4.2 リスクと期待利得

4.3 リスク回避と選択

4.4 保険とはなにか

4.5 企業とは

4.6 情報と保険

4.7 金融規制とモラルハザード

4.8 原発事故のリスク

コラム:ナイトの不確実性

コラム:ジョージ・アカロフ



第5章 働くとはなにか

5.1 はじめに

5.2 労働力と失業

5.3 賃金の水準と構造

5.4 現代の雇用問題

5.5 さらに学習するために

コラム:2つの就職率! どちらが本当?



第6章 税金は必要ですか?

6.1 高校の「政治・経済」で学んだこと

6.2 新聞記事から予算、財政と税の現状を知ろう

6.3 赤字公債の法的根拠と残高の推移

6.4 日本の税制の変遷と特徴

6.5 基礎的財政収支のバランスが重要な理由

6.6 増税の経済への影響

6.7 今後大学でさらに学ぶこと

○教えて!先生:熊本県の財政状況



第7章 規制は必要か

7.1 規制は必要か

7.2 規模の経済に関する具体的な事例:電力産業

7.3 競争制限行為はなぜ問題とみなされるのか―理論的考察

7.4 情報の非対称性にともなう政府の参入規制

7.5 今後の学習で学ぶこと

コラム:少数の企業が市場を支配する場合―寡占市場における競争



第8章 国際貿易のメリット

8.1 国際貿易の発生要因(比較優位論)

8.2 国際貿易のメリット

8.3 交易条件について

8.4 貿易政策について

8.5 日本の貿易について

8.6 より進んだ勉強のために

教えて!先生:比較優位の応用



第9章 国際収支からわかるもの

9.1 国際収支とは

9.2 経常収支と資本収支との関係

9.3 国際収支統計と為替レート

9.4 国際収支統計とマクロ・バランス(国民経済計算体系)

9.5 日本の国際収支状況について

9.6 経済の発展段階と国際収支

9.7 より進んだ勉強のために

教えて!先生:グローバル・バリュー・チェーン



第10章 環境を考える

10.1 環境問題と経済のかかわり

10.2 環境規制の事例をみてみよう

10.3 資源の管理方法

10.4 個別割り当て(IQ)方式

10.5 個別割り当て取引制度

10.6 今後の学習で学ぶこと

教えて!先生:1年間に魚はどれだけ獲ることができるのか



第11章 インフレーションとデフレーション

11.1 高校の「政治・経済」で学んだこと

11.2 新聞に登場する物価関係の記事

11.3 経済データで、インフレとデフレを確認しよう

11.4 インフレやデフレはなぜ起きるのでしょうか

11.5 今後マクロ経済学で学ぶこと

教えて!先生:インフレ・ターゲットとは?



第12章 社会保障

12.1 はじめに

12.2 社会保障制度の概要

12.3 公的年金制度について

12.4 より進んだ学習のために

コラム:世界初の皆年金制度?



第13章 農業の将来

13.1 日本の農業は今どうなっているのでしょうか?

13.2 農政の中心:米問題

13.3 農業への参入と規制緩和

13.4 農業のグローバル化と農業の未来

13.5 より進んだ学習のために

コラム:米生産の最適規模と米の自由化



第14章 グローバル化と金融経済

14.1 「国際化」から「グローバル化」へ

14.2 金融グローバル化と国際資本移動

14.3  眠らないマネー:国際資本移動はなぜおこるのか

14.4 金融グローバル化のメリットと挑戦

14.5 国際資本移動と経済政策効果

14.6 まとめと今後の学習で学ぶこと

○教えて!先生:マンデル・フレミング・モデル

○教えて!先生:映画でみる金融経済:眠らないマネー MONEY NEVER SLEEPS



第15章 恋愛の経済学

15.1 マッチング理論

15.2 カップル成立までのシミュレーション

15.3 好きな人には積極的にアタックするべきか

15.4 今後、経済学で学ぶこと

教えて!先生:見合い結婚・恋愛結婚と貧富の格差