書籍詳細:持続可能な地域実現と大学の役割

地域公共人材叢書 第3期 第1巻 持続可能な地域実現と大学の役割

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,240円(本体価格 3,000円)
在庫僅少
発刊年月
2014.07(上旬刊)
ISBN
978-4-535-52001-1
判型
A5
ページ数
272ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

社会変革インフラとしての大学の役割、教育の改革と再編、人材育成のための教育訓練・資格制度などを理論と実践面からまとめる。

目次

第1部 総論・理論編



第1章  地域変革インフラとしての大学(白石克孝)

第2章  限界都市化する地方都市の持続可能な「かたち」、及びその政策学研究(矢作弘)

第3章  「学校から職業への移行」の変容と大学教育(石田徹)

第4章  スウェーデンに学ぶ持続可能な社会を率いるリーダーの育成(牧原百合江・猪坂公徳・斎藤文彦)

第5章  包容力ある地域環境の形成ーー社会的持続性の観点から(阿部大輔・的場信敬)

第6章  持続可能な地域実現のためのローカル・ガバナンス(新川達郎)



第2部 各論・実践編



第7章  欧州における職業教育訓練と資格制度の展開(大石尚子)

第8章  韓国における職業教育訓練、資格制度と大学の取り組み(尹誠國)

第9章  「地域公共人材育成の京都モデル」(杉岡秀紀)

第10章  自治体職員の能力伸長を目指すプログラム開発(土山希美枝・深尾昌峰)

第11章  〈みんなではじめる〉ためのコミュニケーション・デザイン(村田和代・井関崇博)

第12章  地域自然エネルギー政策の現状と課題(堀尾正靭)

第13章  地域貢献型再生可能エネルギー事業の可能性(櫻井あかね)

第14章  地域と大学が連携して発展するプロジェクト(定松功)