書籍詳細:性犯罪からの離脱

性犯罪からの離脱 「良き人生モデル」がひらく可能性

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,500円(本体価格 5,000円)
在庫あり
発刊年月
2014.07(中旬刊)
ISBN
978-4-535-98383-0
判型
A5判
ページ数
400ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

性犯罪者が自身の長所を生かし、犯罪からの離脱を目ざすのが「良き人生モデル」である。性犯罪者処遇の新しい潮流を紹介しよう。

目次

第1部 全般的な問題

 第1章 はじめに



第2部 犯罪学の観点

 第2章 離脱を定義し測定する

 第3章 年齢-犯罪曲線:概要

 第4章 離脱についての理論的な観点

 第5章 犯罪からの離脱に影響を与える要因

 第6章 犯罪からの離脱に関する二大理論



第3部 司法心理学の観点

 第7章 性犯罪者は犯罪をやめるのか

 第8章 性犯罪者の治療と離脱



第4部 社会への再参入と再統合

 第9章 社会への再参入と再統合への障害

 第10章 社会への再参入と再統合への障害を克服すること



第5部 治療につなぐ

 第11章 知られていない性犯罪者たち:彼らを孤立状態がらひき出す

 第12章 理論と実践の融合



第6部 離脱に着目した介入

 第13章 犯罪者の改善更生における良き人生モデル:基本となる前提,原因論的関与および実務への示唆

 第14章 良き人生モデルと,離脱の理論および離脱研究:重なり合う点

 第15章 良き人生ー離脱モデル:査定と処遇



第7部 これからの道のり

 第16章 尊厳,刑罰および人権:離脱の倫理

 第17章 道徳的異邦人か,それともわれわれの一員か:総括