書籍詳細:サービス産業の生産性分析

サービス産業の生産性分析 ミクロデータによる実証

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,600円(本体価格 6,000円)
在庫あり
発刊年月
2014.02(中旬刊)
ISBN
978-4-535-55770-3
判型
A5
ページ数
320ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

サービス産業の生産性は製造業に比べて低いと言われているが本当はどうなのか? 企業・事業所レベルのミクロデータを使って分析。

目次

はじめに



第1部 サービス経済化と生産性



第1章  サービス産業の生産性:問題の所在と本書の概観

1 サービス生産性問題の背景と経緯

2 産業集計データから見たサービス産業の生産性

3 本書の構成と各章の概要



第2章 サービス産業の生産性は低いのか? 企業データによる生産性の分布・

動態の分析

1 序論

2 先行研究

3 データ及び変数の作成

4 生産性の企業間格差とその要因分解

5 企業間資源配分の効率性

6 結論



第2部 生産と消費の同時性



第3章 密度の経済性とサービス業の生産性:事業所データによる対個人サービス業の分析   1 序論

2 データ及び分析方法

3 分析結果

4 結論



第4章 サービス産業のエネルギー効率性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 推計結果

5 結論



第5章  都市密度・人的資本と生産性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 推計結果

5 結論



第6章 サービス業における需要変動と生産性

1 序論

2 データ及び分析方法

3 推計結果

4 結論



第7章 企業業績の不安定性と非正規雇用・生産性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 分析結果

5 結論



第3部 企業特性と生産性



第8章 生産性が高いのはどのような企業か? IT・外資・企業年齢

1 序論

2 データ及び分析方法

3 分析結果

4 結論



第9章 同族企業の生産性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 分析結果

5 結論



第10章 労働組合と生産性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 分析結果

5 結論



第11章 ストックオプションと生産性

1 序論

2 先行研究

3 データ及び分析方法

4 分析結果

5 結論



第4部 サービス生産性分析の課題



第12章 パートタイム労働時間と生産性:労働時間の多様性と生産性計測の精度

1 序論

2 データ及び分析方法

3 分析結果

4 結論



第13章 サービス生産性計測の課題とデータ整備

1 サービス生産性計測をめぐる課題

2 基礎データの問題

3 結論



おわりに

初出一覧

参照文献

索引

書評掲載案内

■2014年6月3日号『週刊 エコノミスト』評者:樋口美雄(慶応義塾大学教授)

■2014年11月3日付 1面/23面『日経新聞』第57回 日経・経済図書文化賞受賞 評者:樋口美雄

■2014年12月号『日本労働研究雑誌』(評者:権 赫旭)

■2014年12月28日付『日本経済新聞』エコノミストが選ぶ2014年/経済図書ベスト10:第5位