書籍詳細:志したこと、求めたもの

志したこと、求めたもの

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫なし
発刊年月
2013.11
ISBN
978-4-535-52000-4
判型
四六判
ページ数
204ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

インフォームド・コンセントや終末期医療など医事法学の課題への断想と自伝的回想、唄医事法学を理解する有力な手掛かりとなろう。

目次

1 医を語る

  1 氏名のあるがん、わたしたちのがん

  2 病床体験の重さ

  3 医師がペンをもつとき

  4 再び「家族と医療」について

  5 代諾は近道ではない

  6 乙羽信子さんの死と「家族」

  7 インフォームド・コンセントの心と形

  8 インフォームド・コンセントと医事法学

  9 バイオエシックスと法の役割



2 人を語る

 10 あの時代の、あの演習

 11 鴻鵠いずくんぞ燕雀の志を知らんや

 12 我妻栄先生

 13 先生あり、言葉あり

 14 弔辞



3 己を語る

 15 私にとっての法学史の断層

 16 医事法学への轉進