書籍詳細:労働法と現代法の理論 西谷敏先生古希記念論集 下

労働法と現代法の理論 西谷敏先生古希記念論集 下

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 9,180円(本体価格 8,500円)
在庫僅少
発刊年月
2013.11(上旬刊)
ISBN
978-4-535-51853-7
判型
A5判
ページ数
544ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

西谷敏・大阪市立大学名誉教授に捧げる古稀記念論集。下巻では、「労働法と集団」「比較法・外国労働法」の21論文と略歴、主要著作を掲載。

※上巻はこちらをご覧下さい。

目次

第3部 労働法と集団

労働法における集団的な視角……道幸哲也

労働組合の未来と法的枠組み……和田 肇

労働協約の規範的効力と一般的拘束力……浜村 彰

団体交渉は組合員の労働契約のためにあるのか?――団体交渉の基盤と射程に関する理論的考察……水町勇一郎

ILO条約と公務における団体交渉……清水 敏



第4部 比較法・外国労働法

法学と法実務――比較法史学的考察……水林 彪

ナチス法研究覚書……広渡清吾

マイノリティ(少数民族)の権利をめぐる国内裁判と人権条約……桐山孝信

子どもの自己決定権に関する一考察――ドイツの割礼事件をめぐって……西谷祐子

ドイツ連邦労働裁判所における基本権の第三者効力論の展開……倉田原志

イギリスにおける雇用関係の「契約化」と雇用契約の起源……石田 眞

イギリス2010年平等法における賃金の性平等原則……浅倉むつ子

雇用調整方式とその法的対応――フランスの「破棄確認」および「約定による解約」ルール……野田 進

フランスの合意解約制度――紛争予防メカニズムの模索……奥田香子

アメリカにおける法学の政治的性格:「法と経済学」と「批判法学」――テレス著『保守派法運動の台頭』の紹介を通して……相澤美智子

タイにおける非正規労働者の法的保護……吉田美喜夫

ロシアにおける派遣労働と法……武井 寛

ドイツ集団的労働法理論の変容……名古道功

ドイツにおける大学教員の業績給……藤内和公

「使われなかった」年休、そして「ゆとり社会」の行方――ドイツ国内法とEU指令との相克……丸山亜子

ドイツ労働契約法理における法的思考……米津孝司



西谷敏先生略歴

西谷敏先生著作目録

あとがき

執筆者紹介