書籍詳細:労働法と現代法の理論 西谷敏先生古稀記念論集 上

労働法と現代法の理論 西谷敏先生古稀記念論集 上

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 9,180円(本体価格 8,500円)
在庫僅少
発刊年月
2013.11(上旬刊)
ISBN
978-4-535-51852-0
判型
A5判
ページ数
552ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

労働法学界をリードしてきた西谷敏の古稀記念論集。上巻には、「総論・現代法」「労働法と個人」に属する22論文を掲載。

※下巻はこちらをご覧下さい。

目次

第1部 総論・現代法

労働契約における労働者の「意思」と「規制」……吉村良一

雇用保障をめぐる法的課題――「身分差別的」労働者概念批判……脇田 滋

これからの生活保障と労働法学の課題――生活保障法の提唱……島田陽一

労働法の実現手法に関する覚書……山川隆一

労働権の再検討と労働法システム……三井正信

労働条件決定法理の再構成――労働協約・就業規則・労働契約の意義と機能……川口美貴

半失業と労働法――「雇用と失業の二分法」をめぐる試論……矢野昌浩

取引的不法行為と自己決定権……吉田克己

良心について――憲法19条をめぐる考察……笹倉秀夫

死刑と裁判員制度……中村浩爾

公務員に対する職務命令の法的性質……晴山一穂



第2部 労働法と個人

労働者性の指標:労務の代替性について・試論……萬井隆令

採用過程の法規制と契約締結上の信義則……小宮文人

労働条件の不利益変更と労働者の同意――労働契約法8条・9条の解釈……土田道夫

労契法9条の反対解釈・再論……唐津 博

有期労働契約法理における基本概念考――更新・雇止め・雇用継続の合理的期待……荒木尚志

労働契約における対等性の条件――私的自治と労働者保護……大内伸哉

ワークハラスメント(WH)の法的規制……大和田敢太

女性の労働と非正規労働法制……緒方桂子

整理解雇法理の論点……深谷信夫

労働者の非違行為等の事例に関する普通解雇規制の再検討……細谷越史

再建型倒産手続と解雇権濫用法理……根本 到