書籍詳細:莇 昭三業績集 いのちの平等を拓く

莇 昭三業績集 いのちの平等を拓く 患者とともに歩んで60年

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,240円(本体価格 3,000円)
在庫僅少
発刊年月
2013.09
ISBN
978-4-535-98398-4
判型
A5判、函入
ページ数
336ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

患者とともに歩んだ医師が、医療、医療活動と社会的責任をあり方を見つめ、未来の医療と医師の生き方を語る。著者全論文収録のDVD付。

目次

目次

プロローグ

一本田で中野重治に会う

第1章 民医連とともに

「権力は無法だ!何でもありだ!」

慢性疾患の管理によせて

金沢の民医連運動が生み育てた宝――「長生会」

医学生、研修医対策について(大阪民医連60周年記念集会)

民医連と青年医師の「研修」

第2章 薬害と医師の責任

スモンの6例

スモン闘争の意義と現状

「薬害エイズ」における医師・医学者の責任

第3章 医療行為とは

民医連運動30年を俯瞰して

医療行為の考え方

すべてのやすらぎ会職員に伝えたいこと

第4章 医師の社会的責任、戦争責任

核凍結から核廃絶へ-IPPNWの軌跡

戦争と医療(反核医師の会学生部会発足にあたって)



15年戦争中の「医学犯罪」と私たちの今日の課題

「庶民の医療史」から――15年戦争と医療、そして現代、明日の医療

終章

汝の立つところを深く掘れ そこに泉がある

書評掲載案内

しんぶん『赤旗』2013.12.29_7面 評者:西山勝夫(滋賀医科大学名誉教授)