書籍詳細:ソーシャル・キャピタルと健康政策

ソーシャル・キャピタルと健康政策 地域で活用するために

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,480円(本体価格 6,000円)
在庫あり
発刊年月
2013.08
ISBN
978-4-535-58642-0
判型
A5判
ページ数
464ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

ソーシャル・キャピタルの観点からの健康政策への関心が高まる現在、研究の最新情報を伝え、政策介入の有効性を明らかにする。

目次

第1章 序  論

    I.カワチ、高尾総司、S.V.スブラマニアン



第2章 職場のソーシャル・キャピタルと健康

    …………T.オクサネン、鈴木越治、高尾総司、J.バーテラ、M.キビマキ



第3章 学校におけるソーシャル・キャピタル

  …………M.ビルタネン、J.エバスティ、T.オクサネン、M.キビマキ、J.バーテラ



第4章 ソーシャル・キャピタル研究における因果推論

    …………I.カワチ、市田行信、G.タンポボロン、藤原武男



第5章 地域コミュニティのソーシャル・キャピタルを規定する

    文脈的要因 …………埴淵知哉、中谷友樹



第6章 近隣のソーシャル・キャピタルと犯罪 …………高木大資



第7章 災害とソーシャル・キャピタルと健康

    …………相田 潤、I.カワチ、S.V.スブラマニアン、近藤克則



第8章 ソーシャル・キャピタル介入の推進:

    ネットワークおよび公衆衛生の視点から

    …………S.ムーア、J.サルスバーグ、J.ルルー



第9章 健康長寿をめざしたソーシャル・キャピタル介入

    …………村山洋史、近藤克則、藤原佳典



第10章 マイクロファイナンスと健康 …………近藤尚己、白井こころ



第11章 福祉国家のソーシャル・キャピタルとその国民の健康に

    及ぼす影響 …………M.ロスティーラ



第12章 ソーシャル・キャピタル,社会政策と健康格差:

    アフリカ系米国人コミュニティにおける政治的アドボカシーの歴史

     …………K.ギルバート,L.ディーン



第13章 ソーシャル・キャピタルの何が問題か  …………稲葉陽二

書評掲載案内

■2014年4月号『UP』アンケート特集:東大教師が新入生にすすめる本