書籍詳細:憲法学の世界

憲法学の世界

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫あり
発刊年月
2013.07
ISBN
978-4-535-51815-5
判型
A5判
ページ数
288ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

憲法学の主要テーマにつき、新進気鋭の執筆陣が、憲法論の奥深さとおもしろさを、 その歴史と理論でひも解く学生向けの論考集。

目次

第1部 憲法総論・統治機構論



 第1章 立憲主義 ……南野 森

 第2章 法の支配 ……中林暁生

 第3章 民主主義 ……小泉良幸

 第4章 国民主権の原理 ……小島慎司

 第5章 権力分立論 ……赤坂幸一

 第6章 議院内閣制──法と政治の間で ……林 知更

 第7章 天皇と戦争/歴史と記憶 ……西村裕一

 第8章 憲法の最高法規性

     ──基本的人権の保障方法 ……青井未帆

 第9章 憲法の変容

     ──憲法改正・抵抗権・国家緊急権 ……木村草太



第2部 人権論



 第10章 人権の概念──憲法・憲法学と「人権」 ……南野 森

 第11章 人権の制約・限界

     ──「公共の福祉」を中心に ……曽我部真裕

 第12章 人権保障の実質化 ……中林暁生

 第13章 私人間効力

     ──「人権」を尊重する社会をいかに築くのか ……青井未帆

 第14章 法の下の平等

     ──差別の問題と厳格審査の理論 ……木村草太

 第15章 思想の自由・良心の自由 ……林 知更

 第16章 政教分離と信教の自由 ……山本龍彦

 第17章 表現の自由 ……宍戸常寿

 第18章 「経済的自由」 ……小島慎司

 第19章 「社会改革(social revolution)」への翹望

     ──生存権の憲法的保障をめぐって ……尾形 健