書籍詳細:現代金融の基礎理論

現代金融の基礎理論 資金仲介・決済・市場情報

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,808円(本体価格 2,600円)
在庫なし
発刊年月
1999.05
旧ISBN
4-535-55166-9
ISBN
978-4-535-55166-4
判型
A5判
ページ数
324ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

内外で進行している銀行再編や金融システム再建の問題は現在まさに最重要の政策課題である。金融の制度やメカニズムについて基礎知識を説明する一方、それに関わる事実をできるだけ具体的・実証的に解説してゆく。

目次

第1章 金融の意義と役割
第2章 日本経済における資金の循環
第3章 金融システムの構成要素:金融市場・金融機関・金融商品
第4章 金融資産需要の理論と近年における家計の資産保有動向
第5章 金融仲介機関の機能と行動
第6章 決済システムと通貨1:基本要素
第7章 決済システムと通貨2:日本の特徴と政策のあり方
第8章 情報変数1:金利とその構造
第9章 情報変数2:金利に含まれる情報
第10章 情報変数3:金利と為替レートの関係
第11章 経済発展における金融の役割