書籍詳細:職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史

JLF選書 職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 864円(本体価格 800円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫なし
発刊年月
2013.04
ISBN
978-4-535-51966-4
判型
四六判
ページ数
184ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

名著『講座 現代の弁護士2』(1970年、日本評論社)から、弁護士の社会的使命を歴史的に解き明かす巻頭論文の復刻。弁護士、法曹を目指す人必読。

目次

第一章 職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史

 第一節 序説──弁護士の職業史の意義と指標

 第二節 弁護士前史──代言人制度

 第三節 弁護士制度の確立と展開

 第四節 弁護士階層の苦悩と衰微

 第五節 戦後弁護士制度の変革と課題



解説・大野正男『職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史』……萩原金美

参考リンク

電子書籍(Amazon Kindle版)はこちら

http://www.amazon.co.jp/dp/B00NAQY7U0/

本書には電子書籍(Amazon Kindle版)があります。