書籍詳細:アジアにおける市場性と産業競争力

アジアにおける市場性と産業競争力

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,752円(本体価格 4,400円)
在庫なし
発刊年月
2013.01
ISBN
978-4-535-55723-9
判型
A5判
ページ数
276ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

市場の規模と成長率(市場性)がアジアの国々に立地した国内外企業の競争力、当該国の産業競争力にどの程度貢献しているか。

目次

はしがき/藤澤武史



第1部 アジアの経済と市場と産業

第1章 アジア・太平洋州の市場性と国家競争力

    ──GDP構成要因の分析を通して/藤澤武史

第2章 国家産業関連表から見たアジアの国際分業度/福井幸男

第3章 インドの経済と市場と産業の特性/塩野寛次



第2部 アジアの消費と流通と物流

第4章 中国における消費市場の拡大と小売流通の変革/呉 小丁

第5章 巨大な市場と政治的な指導

    ──中国の自動車産と企業の競争力/ブングシェ・ホルガー

第6章 アジアにおける物流インフラ整備と港湾物流構造の変化/伊藤秀和

第7章 物流拠点としてのロシア極東/市川文彦



第3部 アジアの企業戦略と人的資源管理

第8章 韓国有力企業の戦略展開と国際競争力

    ──LGエレクトロニクス社の事例/平賀富一

第9章 中国とシンガポールの多国籍企業の人的資源活用の比較/柏木理佳

第10章 日本人と中国人の意識比較/川久保美智子



あとがき/梶浦昭友