書籍詳細:年報知的財産法2012

年報知的財産法2012

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,076円(本体価格 4,700円)
在庫僅少
発刊年月
2012.12
ISBN
978-4-535-00519-8
判型
B5判
ページ数
296ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

過去1年間の判例、学説、政策・産業界、外国の動向を、いち早く捉えて解説する関係者必携の年報。特集:クラウド・コンピューティングを巡る著作権法上の諸課題。

目次

[特集]

クラウド・コンピューティングを巡る著作権法上の諸課題


I クラウドと著作権法/平嶋竜太

II ロッカー・サービスと著作権/奥邨弘司

III 著作権侵害に係るプロバイダの責任/田村善之

IV ISPの責任に関する欧州の動向/張 睿暎

V データ照合技術とプロバイダの不作為責任/丸橋 透

VI ActiveかNeutralか/駒田泰土



[2012年 判例の動向] 判例の動き/三村量一

[2012年 学説の動向]

I 著作権法/安藤和宏、今村哲也

II 特許法/加藤 幹

III 不正競争・商標・意匠/志賀典之、五味飛鳥、足立 勝

[2012年 政策・産業界の動向] 政策・産業界の動き/中山一郎

[2012年 諸外国の動向]

I 米国における知財の動き/竹中俊子、萩原弘之、ハン・シュー、アンドリュー・ビンクリー、ヘンリー・ホアン、寺澤幸裕、宮脇正晴

II 欧州における知財の動き/アインゼル・フェリックス=ラインハルト

III WIPOをめぐる国際動向/高木善幸

IV 中国における知財の動き/兪 風雷

V 韓国における知財の動き/張 睿暎



[シンポジウム・レポート]

■早稲田大学知的財産拠点形成研究所主催 文理融合シンポジウム

ES細胞、iPS細胞の研究推進と法的・知的財産法的問題点




〔文 責〕早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程 加藤 幹



〔出 席 者〕早稲田大学常任理事 内田勝一/

 早稲田大学法学学術院長 岩志和一郎/

 東京大学大学院特任教授/独立行政法人産業技術総合研究所フェロー 浅島 誠/

 早稲田大学法学学術院教授 甲斐克則/

 国立成育医療センター再生医療センター長 梅澤明弘/

 明治大学法科大学院教授 高倉成男/

 東京女子医科大学先端生命医科学研究所教授 大和雅之/

 大阪大学医学系研究科特任助教/早稲田大学講師 福田八寿絵

〔司 会〕早稲田大学法学学術院教授 高林 龍/

     早稲田大学理工学術院教授 朝日 透

〔実施日〕2012年1月21日