書籍詳細:知的財産法の実務的発展

知的財産法の実務的発展

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,076円(本体価格 4,700円)
在庫あり
発刊年月
2012.09
ISBN
978-4-535-06709-7
判型
A5判
ページ数
448ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

発展めざましい知財法分野。最先端の理論と実務をリードする研究者、実務家の手による必読の講座。第2巻刊行!

目次

特許法

発明とは何か、新規性、進歩性、記載要件/飯村敏明

クレーム解釈(1)──一般論、明細書・出願経過の考慮/森 義之

クレーム解釈(2)──均等論、機能的クレーム、プロダクト・バイ・プロセス・クレーム/東海林保

特許権の消尽

 ──方法の発明に係る特許権及びシステム発明に係る特許権の消尽の問題を中心に/三村量一

無効の抗弁/岩坪 哲

損害賠償/吉田和彦

職務発明対価請求訴訟について/設樂隆一



著作権法

著作物性と著作物の複製・翻案/高部眞規子

著作者人格権/小倉秀夫

共有著作権、著作者人格権の行使/椙山敬士



商標法・不正競争防止法

商標権の行使と商標の機能/松村信夫

不正競争防止法2条1項3号の形態模倣と先行者の地位/古城春実

営業秘密の国際的侵害行為に関する適用準拠法/飯塚卓也