書籍詳細:リカードウ価格論の展開

リカードウ価格論の展開

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,076円(本体価格 4,700円)
在庫なし
発刊年月
2012.09
ISBN
978-4-535-55693-5
判型
A5判
ページ数
248ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

リカードウの『経済学および課税の原理』の後半諸章を、「価格論」という切り口から解読し、その政治経済理論に新しい光を当てる。

目次

第1編 市場の理論

第1章 総収入と純収入―第26章の研究―

第2章 比較価値―第28章の研究―

第3章 生産者と消費者―第29章の研究―

第4章 需給と供給―第30章の研究―



第2編 通貨の理論

第1章 地金と紙券―第27章の研究―

第2章 日本におけるリカードウ通貨論研究



第3編 機械と地代

第1章 機械の理論―第31章の研究―

第2章 スミス地代論の批判―第24章の研究―

第3章 マルサス地代論の批判―第32章の研究―