書籍詳細:グローバリズムと地域経済

グローバリズムと地域経済

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
在庫僅少
発刊年月
2012.05
ISBN
978-4-535-55711-6
判型
A5判
ページ数
208ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

グローバル化という潮流の中で北海道を含め各地域経済はどのような対応をしてゆくべきか。

小樽商科大学創立100周年の記念出版。

目次

はじめに(穴澤眞・江頭進)

第1章 グローバリズムと北海道経済:北海道の自立を求めて

(本間正義)

1.北海道経済の課題

2.グローバル化をどう捉えるか

3.北海道にとってのグローバル化

4.TPP問題と北海道

5.新しい時代の北海道経済

6.北海道の可能性を求めて



第2章 企業立地の地域間格差(橘木俊詔、浦川邦夫)

1.はじめに

2.企業の新規開業要因に関する先行研究

3.本社所在地に対する評価

4.企業属性と立地選択についての計量分析

5.まとめ



第3章 住民選好の多様性と自治体歳出(中澤克佳)

1.住民選好の多様性が地方歳出に与える可能性

2.地方歳出に関する先行研究

3.所得分布の指標

4.モデル

5.推定

6.平成の大合併と住民選好の多様性



第4章 都道府県支出金分配の実証分析 (近藤春生)

1.はじめに

2.都道府県支出金の制度と現状

3.先行研究

4.実証分析

5.まとめ



第5章 政策担当者の出世欲とヤードスティック競争:

分権化定理の再検討(小西秀樹 )

1.集権と分権の政治経済学

2.モデル

3.最適な統治形態

4.まとめと今後の課題



第6章 WTO農業協定における輸出補助金規律の迂回防止規定の

位置づけ:輸出国家貿易を一つの素材とした序論的検討

(小林友彦 )

1.問題の所在

2.農業協定10条の基本的機能

3.輸出国家貿易が提起する脅威

4.農業協定10条

5.結論と今後の課題



第7章 北海道観光の国際化:外国人観光客へのマーケティングに

おける機会と課題( プラートカロラス)

1.はじめに

2.グローバル観光産業

3.日本のインバウンド観光

4.アジアの重要性

5.北海道の観光産業

6.観光におけるマーケティング

7.マーケティング調査データから読み取れる外国人観光客の特徴

8.北海道の観光業界にとってのマーケティング調査のインプリケーション

9.今後の課題

10.結び



第8章 北海道観光のこれから:その可能性と方向性(井出明)

1.はじめに

2.研究の糸口

3.具体的対応

4.結びとして



執筆者一覧

書評掲載案内

■2012年7月29日付『北海道新聞』「ほん」