書籍詳細:公害環境訴訟の新たな展開

公害環境訴訟の新たな展開 権利救済から政策形成へ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,752円(本体価格 4,400円)
在庫僅少
発刊年月
2012.04
ISBN
978-4-535-51850-6
判型
A5判
ページ数
376ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

訴訟によって、被害救済から権利確立へそして制度改革へ。公害弁連40年を祝して、錚々たる研究者・弁護士の執筆者が、展望する。

目次

第1部 総論

1 公害・環境裁判の歴史的意義……宮本憲一

2 権利の普遍化・制度改革のための公害環境訴訟……淡路剛久

3 公害環境訴訟と環境経済学の新たな課題……寺西俊一



第2部 理論編

[1]環境をめぐる権利利益論

1 公害環境訴訟における権利論の意義……吉村良一

2 地球温暖化問題と公害問題……早川光俊

3 環境民主主義と司法アクセス権の保障……大久保規子

[2]因果関係論

1 因果関係論の到達点と現代的課題……渡邉知行

2 因果関係の科学的推論……松井利仁

[3]違法性論

1 環境公害訴訟と行政の裁量統制……礒野弥生

2 環境公害訴訟と環境リスク管理……下山憲治

[4]損害(責任)論

1 環境の価値評価に関する一試論……除本理史

  ――福島原発事故による「環境損害」を念頭に

2 環境責任に関する国際制度……磯崎博司

3 福島第一原発事故による損害とメキシコ湾油濁による損害……大塚 直

[5]立証問題

1 環境汚染による人体影響に関する訴訟の立証責任と自然科学……津田敏秀

2 化学物質被害の立証責任……神山美智子



第3部 実践編

1 環境公害訴訟戦略論……板井 優

2 水質汚濁訴訟の到達点と課題……板井俊介

3 大気汚染訴訟の到達点と課題……西村隆雄

4 アスベスト訴訟と制度改革……池田直樹

5-1 景観訴訟と都市計画上の課題……中島 晃

5-2 景観・まちづくり訴訟の到達点と今後の課題……日置雅晴

6 公共事業訴訟の到達点と課題……越智敏裕

7 廃棄物訴訟の到達点と課題……森 徳和

8 「自然の権利」訴訟の到達点と課題……籠橋隆明

9 原子力訴訟の到達点と課題……福武公子

10 基地騒音公害訴訟の解決を目指して……中杉喜代司・高木吉朗

  ――差止請求と将来の損害賠償



コラム

東京に青空を……柴田徳衛

国際社会において名誉ある地位を占めること……近藤忠孝

福島原発事故に想う……篠原義仁

原発事故に想う……吉野高幸

理路整然とした非常識……馬奈木昭雄

原発事故被害とエネルギー転換……大島賢一