書籍詳細:消費者の時代

消費者の時代 市場原理によるリストラ戦略

の画像の画像
  • 中北 徹
  • 編著
  • 紙の書籍
定価:税込 2,052円(本体価格 1,900円)
在庫なし
発刊年月
1993.12
旧ISBN
4-535-58148-7
ISBN
978-4-535-58148-7
判型
四六判
ページ数
272ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

平成不況は大企業の本格的な雇用調整を迫るまでに深化した。政官財の癒着を断ち切り、市場原理・競争政策の導入によって消費者・生活者の利益確保を図り、併せて諸外国との「共生」を目ざす大胆な政策提言の書。

目次

1 経済システムの再構築
 ─自由な競争こそが消費者を守る
2 消費者利益確保と日本の流通システムの変革
─自由な市場が消費者の最良の友であるために
3 日本の製品輸入と市場開放度
 ─消費者にも生産者にも有利な市場開放のすすめ
4 コメの関税化と農業の活性化
 ─農業が元気な農業になる方策
5 金融自由化の徹底を
 ─「潰れない銀行」システムは本当に安全なのか
6 開かれた経済社会と独禁政策の強化
 ─自由競争の番人をめざして
7 日本の雇用システムと家族の役割
 ─労働市場の男女比較優位を再考する
8 日本企業の限界と再生
 ─企業憲法起草のすすめ
9 金融の「国際化」とジャパン・マネーの「外延拡張」
 ─カネ・モノを超えた真の貢献とは