書籍詳細:ヤウレックとフロイト

ヤウレックとフロイト

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,500円(本体価格 5,000円)
在庫僅少
発刊年月
2012.04
ISBN
978-4-535-98373-1
判型
A5判
ページ数
336ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

マラリア発熱療法のワグナー・ヤウレックとロボトミーのエガス・モニス、ノーベル賞受賞者をめぐるヨーロッパ精神医学史を辿る。

目次

ヤウレックとフロイト

 1 杉田玄白と梅毒

 2 斎藤茂吉の診立て

 3 ウィーン神経学研究所と茂吉

 4 発熱療法と完全寛解

 5 梅毒研究の歴史

 6 もう1人の巨人、ジグムント・フロイト

 7 ワグナー・フォン・ヤウレックのおいたち

 8 ショッテン・ギムナジウム

 9 ウィーン大学とノーベル賞

 10 ユダヤ人の歴史とウィーンのユダヤ人

 11 ウィーンのユダヤ人

 12 フロイトのおいたち

 13 シュペルル・ギムナジウム

 14 ウィーン医学の改革とスウィーテン

 15 打診法の父、レオポルト・アウエンブルッガー

 16 新ウィーン学派

 17 ゼンメルワイスの悲劇

 18 精神科に進む

 19 ユダヤ人フロイト

 20 ウィーンの反ユダヤ主義

 21 脳解剖学者マイネルト

 22 ウィーン大学医学部精神科

 23 ライデスドルフのもとで

 24 フロイトの開業

 25 フロイトによる精神分析の発見

 26 精神分析学の発展

 27 グラーツ時代とクレチン病研究

 28 ウィーンへ戻る

 29 スキャンダル

 30 ヤウレックの私生活

 31 フロイトの私生活

 32 発熱療法の初期の試み

 33 試行錯誤

 34 マラリア発熱療法の発見

 35 マラリア療法の確立

 36 フロイトとの対決

 37 退官のあと

 38 フロイトとノーベル賞

 39 オーストリア併合

 40 フロイトの最後

 41 自伝

 42 ナチスとの関係――緑の党の告発

 43 クレペリン王朝

 44 おわりに



エガス・モニスとノーベル賞



 1 ノーベル賞受賞60周年

 2 モニスのおいたち

 3 政治への道

 4 趣味と私生活

 5 アンギオグラフィー(脳血管撮影)の試み

 6 アンギオグラフィーの成功

 7 なぜノーベル賞が授賞されなかったか

 8 運命の第2回国際神経学会

 9 20例のロボトミー

 10 ロボトミーの広がり

 11 仮説と批判

 12 モニスとロボトミーのその後

 13 第1回国際精神外科学会とノーベル賞

 14 ポルトガルの英雄モニス



ウィーン医学散歩

  [1] ウィーン大学周辺

 1 出発地ヒルトン・ウィーン・プラザ

 2 フロイトの2番目の住居兼診療所:「贖罪の家」

 3 フロイト博物館

 4 ウィーン神経学研究所

 5 生理学研究所・解剖学研究所

 6 ウィーン医学史博物館(ヨゼフィーヌム)

 7 ファン・スウィーテンガッセ

 8 愚者の塔と病理学・解剖学研究所

 9 旧ウィーン総合病院

 10 オポルツァー、ゲルストマン、シュコダ、ビルロートの住居

 11 ウィーン総合病院

 12 サナトリウム・レヴ

 13 ウィーン市立総合ポリクリニク

 14 ヴィクター・フランクル・センター

 15 ヤウレックの住居

 16 フロイトの最初の住居兼診療所

 17 ベルタ・ツッカーカンデルのサロン

 18 カフェ・ラントマン

 19 ウィーン大学本部

 20 ジグムント・フロイト公園

 21 医化学研究所とヴァサガッセ・ギムナジウム

 22 ショッテン・ギムナジウム

  [2] レオポルトシュタット

 23 プラーターシュテルン駅

 24 フロイト一家の住居

 25 フロイトの通ったギムナジウム

 26 シュペルル・ギムナジウム

 27 A・アドラーの2番目の住居兼診療所とV・フランクルの生家

 28 ヒトラーのねぐら

  [3] リンク内

 29 A・アドラーの3番目の住居兼診療所

 30 オーストリア科学アカデミー

 31 アウエンブルッガーの亡くなった家

 32 戦争とファシズムの記念碑

  [4] ウィーン西北

 33 グイド・ホルツクネヒトの胸像(9区)

 34 A・アドラーの新婚の家(9区)

 35 ゼンメルワイス女性科病院(18区)

 36 アルトゥル・シュニッツラーの像と自宅跡(18区)

 37 マリア・テレジア・シュロッセル(19区)

 38 オーベルシュタイナーの住居

 39 児童中間施設(9区)

 40 ベレヴューヘーエの『夢判断』記念碑(19区)

  [5] ウィーン郊外

 41 ラントシュタイナーの住居跡とヴィルヘルミネン病院(16区)

 42 A・アドラーの生家(15区)

 43 ロートシルトの宮殿(4区)

 44 強制移住犠牲者広場(3区)

 45 スヴェトリン私立精神科施設(3区)

  [6] ウィーン以外(フロイトとゼンメルワイス関連)

 1 チェコ・プジボール

 2 イギリス・ロンドン

 3 ハンガリー・ブタペスト