書籍詳細:いさぎよく生きる

いさぎよく生きる 仏教的シンプルライフ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,620円(本体価格 1,500円)
在庫僅少
発刊年月
2012.01
ISBN
978-4-535-58615-4
判型
四六判
ページ数
204ページ
Cコード
C15
ジャンル

内容紹介

「こころの研修」活動を献身的に行っている大圓さんが、人間関係などの執着を断ち切る方法をアドバイス。瞑想の仕方はイラスト付きで。

目次

はじめに



序章 シンプルな生き方のすすめ



 仏さまを人生航路の水先案内人に

 ブッダの教え、「我執を捨て去る」

 中学生で家を出る

 物はなくても生きていける

 仏教の経済学はシンプルライフ

 本当の幸せとは

 「心の棚卸し」をする

 大圓流 心の棚卸しチェックリスト10

 人生の物語は書き替えられる

 悩みは生き方を見直すチャンス

 希望をもつという信念



第一章 執着ととらわれを手放す



  一 人間関係の執着を手放す

   苦手な上司、同僚、部下

   ・相談1 「あの人は私を成長させてくれる人」と書き替える

        パートナーに不満

   ・相談2 今までの慢性的な関係を捨てる

        ライフスタイルを変えるには

        相手を否定する会話は避ける

        結婚に踏み出せない恋人

   ・相談3 決断できない関係は捨てる

        悪友を諦める

   ・相談4 友人関係は「対等」であるべき

        親子間の依存

   ・相談5 働き始めたら、親から独立すべき



 二 自分自身のとらわれを手放す

   見栄を捨てる

   ・相談6 自然体の自分を相手に伝える

        プライドを捨てる

   ・相談7 自分の思いも他者の思いも大事にする

        「家」から巣立つ

   ・相談8 魂は、親ではなく自分が育てるもの

        趣味を手放す

   ・相談9 本当に必要なことは、再び手元に戻ってくる

        雑念を捨てる

   ・相談10 振りまわされない生き方を見つける

        トラウマを捨てる

   ・相談11 トラウマは自分を高めてくれる仏種

        トラウマ的な感情を克服する

   ・相談12 負の連鎖を断ち切る

        仕事への執着を捨てる

   ・相談13 自分だけでがんばらなくていい

        取り越し苦労を捨てる

   ・相談14 今、このときを精いっぱい生きる



 三 物への執着を手放す

   お金への執着を捨てる

   ・相談15 喜捨とは、お金を活かして使うこと

        衣服への執着を捨てる

   ・相談16 所有という概念を、思い切って手放す

        食事への執着を捨てる

   ・相談17 我執を捨てて、飽食からの脱却を



第二章 「幸せ観」とは



 一 安寧を願う心

 二 スピリチュアルから見た「幸せ観」

 三 「人生の統合観」とは

 四 自分の人生の目的を見つける

 五 思考とライフスタイルを整理する

 六 慈悲喜捨という生き方

 七 ブッダのシンプルライフ、「八正道」



第三章 体で感じる仏教、心で感じる仏教



 「般若心経」に見る、五官(感)六根の働かせ方

 眼で感じる―仏画や仏像を見て癒される

 耳で感じる―お経や真言・声明で心を落ち着ける

 鼻で感じる―お香でリラックス感を

 舌で感じる―精進料理で味覚を磨く

 身(体)で感じる―身体と心は一つの塊

 意(心)で感じる―深層心理を探る

 ◎コラム 旅先での瞑想、スピリチュアルケア



第四章 自分でできる仏教修行



 大いなる命を感じて祈る

 瞑想は内なる自分との対話

 お遍路さんは動的瞑想

 作務は修行の基本

 精進料理づくりも修行の一つ

 断食は身体への感謝の行為

 写経によって「仏の言葉を聴く」

 写仏や造仏は、自分の心に仏を写すこと

 ◎コラム 日本人が忘れてしまった、本当の価値と信仰心



第五章 「瞑想」を暮らしに取り入れる



 一 瞑想の前に知っておきたいこと

   ・基本の座法でモチベーションをアップする

   ・呼吸法で心の安らぎを得る

   ・音楽を上手に取り入れる

   ・雑念は無理に追い出そうとしない

   ・瞑想中に浮かぶ意識を観察する

   ・安らぎ感を得るまで、続けることが大事

   ◎コラム ブータンでの気づき瞑想



 二 瞑想の実際

   1 「ゆるめる」生き方

     心身をゆるめる「五分間瞑想」

   2 「見つめる」生き方

     事実を見て確認する観察瞑想

     事実の背景や内面を見る洞察瞑想

   3 「高める」生き方

     瞑想で心身の機能を高める

     スピリチュアルな面に着目する

   4 「ゆだねる」生き方

     自分らしく自信をもって生きる

     瞑想を実践し、平和を目指す

     統合のすばらしさを知る



おわりに

写経手本の使い方

「光明真言」「延命十句観音経」 

書評掲載案内

■2012年1月25日付『新宗教新聞』

■『佛教タイムス』2012年3/22・29合併号

■『高野山時報』2012年5/21号

■2012年5月24日付『内外日報』