書籍詳細:開発を問い直す

開発を問い直す 転換する世界と日本の国際協力

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,960円(本体価格 3,600円)
在庫僅少
発刊年月
2011.11
ISBN
978-4-535-55680-5
判型
A5判
ページ数
336ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

国際開発を根本から考え直し、それに照らして日本の開発援助はどうあるべきかを考える。国際開発学会20周年記念論題の単行本化。

目次

イントロダクション 開発の問い直しはなぜ必要か?/西川 潤



第1部 開発を見直す――多様化の視点

 第1章 開発を「補」う――人文学からの見直し/ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク

 第2章 開発と倫理――ポスト・グローバリゼーション時代の厚生とは/クライヴ・ハミルトン

 第3章 現代アフリカから「開発」を省察する――政治経済学からの一つの試論/勝俣 誠

 第4章 東南アジアに見る開発パラダイムの再考――脱成長の開発と「足るを知る経済」/野田真里



第2部 国際社会の援助潮流を見直す

 第5章 政策支援型援助にみるワシントン・コンセンサスの意義と限界/柳原 透

 第6章 貧困削減戦略文書のアプローチー批判的再検討/朽木昭文

 第7章 「卒業」への道――「貧困の主流化」が置き忘れたもの/下村恭民



第3部 開発における「知」の役割

 第8章 独話から対話へ――開発における公共圏の構築/高橋基樹

 第9章 開発研究における個別性と普遍性/佐藤 仁

 第10章 開発実践における「無知の知」/戸田隆夫

 第11章 開発機関と研究者の位相――人間の安全保障と貧困削減研究を例にして/山形辰史

 第12章 「声なき声を聴く」踏査のために/平山 恵



第4部 日本の開発経験

 第13章 日本の開発経験と内発的発展論/佐藤 寛

 第14章 日本からの開発援助の再検討――「対話の非対称性」から「課題の同時代性」へ/木全洋一郎

 第15章 開発と農村社会/水野正己

 第16章 わが国の災害対応――特徴、教訓及び課題/豊田利久