書籍詳細:法と心理 第11巻第1号(通巻11号)

法と心理 第11巻第1号(通巻11号)

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,520円(本体価格 3,200円)
在庫なし
発刊年月
2011.10
ISBN
978-4-535-06731-8
判型
B5判
ページ数
146ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

特集「『司法臨床』の可能性」、サブ特集「法と心理学領域における公正概念の再検討」のほか、意欲的な研究成果を提示する。

目次

特集 【「司法臨床」の可能性:司法と心理臨床の協働をめぐって】



    「司法臨床」の概念――わが国の家庭裁判所をふまえて/廣井亮一

    治療的司法の観点から見た法と心理の恊働

          ――トロントの治療型裁判所を視察して/村本邦子

    「加害者治療」の観点から

          ――暴力加害者への臨床論のために/中村 正

    司法臨床の可能性――弁護士の立場から/中川利彦

    司法臨床の可能性――もう一つの法と心理学の接点をもとめて

          /サトウタツヤ

サブ特集【法と心理学領域における公正概念の再検討】

    企画趣旨――法と心理学領域における公正概念の再検討/若林宏輔

    複線径路・等至性モデルからみる加害者の非人間化プロセス

        ――「Demonize」「Patientize」

        /白井美穂・サトウタツヤ・北村英哉

    社会的不平等とミクロ公正感――不公正感受性の効果

        /川島伸佳・大渕憲一・熊谷智博・浅井暢子

    家族内役割分担に関わる適格性概念の整理と検討

        ――対人関係場面における公正判断の理解に向けて

        /滑田明暢

    量刑判断にはたらく応報的動機の認知プロセス

        /綿村英一郎・分部利紘・藤尾未由希・高野陽太郎

    犯罪被害者の刑事裁判への参加と手続的公正の社会心理学

        ――英米法圏での実証研究をふまえて

        /佐伯昌彦



法と心理学会第11回大会 ワークショップ

    法的推論と法教育――心理学研究の到達点と法教育への可能性

    企画・報告者/長谷川真里

    報告者/吉岡昌紀・外山紀子・梅田比奈子



    「司法事故調査」的事例研究への心理学的アプローチ(1)

        ――足利事件における虚偽自白生成および

          発見失敗現象の検証を事例として

    企画者:原 聰・大橋靖史・後安美紀

    報告者:森 直久・松島恵介

    コメンテータ:麻生 武・本庄 武

    司会:高木光太郎



    日本の供述心理学のいま――供述分析の最前線とその可能性

    企画:山田早紀

    話題提供:浜田寿美男・脇中 洋・村山満明

    法曹養成教育における方と心理の恊働

        ――立命館大学法科大学院・

          リーガルクリニック2(女性と人権)と

          同大学院応用人間科学研究科「司法臨床」科目の連携

    企画:松本克美

    報告:吉田容子・村本邦子・高坂明奈



    死刑と向き合う裁判官

    司会:福井 厚

    話題提供者:山崎優子

    討論者:高山佳奈子・藤田政博・森久智江



一般論文

    文化的所有意識の法心理学――日中大学生の比較調査

        /山本登志哉・渡辺忠温・片 成男・小湊真衣

事例報告

    強姦致傷被告事件における外傷性記憶に関する意見と

        被害者供述の分析/村山満明

海外学会参加報告

    Law and Society Association,2010 Annual Meetingに参加して1

                             /綿村英一郎

    Law and Society Association,2010 Annual Meetingに参加して2

                              /佐伯昌彦

関連学会報告

    「法と言語 学会」の創設と活動について/水野真木子

書評

    大河原眞美/著「市民から見た裁判員裁判」

    中川孝博/著「刑事裁判・少年審判における事実認定

           ――証拠評価をめぐるコミュニケーションの適正化」

           /高木光太郎

    岡田悦典・藤田政博・仲真紀子/編「裁判員制度と法心理学」

           /吉井 匡

編集規定

投稿規定

編集後記