書籍詳細:21世紀の国際法

21世紀の国際法 多極化する世界の法と力

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,320円(本体価格 4,000円)
在庫僅少
発刊年月
2011.09
ISBN
978-4-535-51723-3
判型
A5判
ページ数
356ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

世界はいま、国際法でどう捉えられるか。国際法各分野はもちろん、憲法、法哲学、法社会学、国際政治学の研究者も集い、考察する対談集。

目次

第1部 国際社会と法

 第1章 国際法学へのいざない/最上敏樹

 第2章 日本社会と国際法/小寺 彰

 第3章 世界を駆ける学問と実践 /岩沢雄司

 第4章 国際法教育の愉しみ/青木節子



第2部 国際法の認識、解釈、実現

 第5章 国際法の生きた姿/佐藤哲夫

 第6章 国際法の主体と関与者/植木俊哉

 第7章 国家責任を読み解く/川崎恭治・西村 弓

 第8章 国籍と国際私法/奥田安弘

 第9章 人権―意義と現状/阿部浩己・申 惠丰

 第10章 国際経済と法/中川淳司・間宮 勇

 第11章 国際環境法――国際公共価値の世界/児矢野マリ・高村ゆかり

 第12章 安全保障――法への試練/浅田正彦



第3部 国際法の根本問題

 第13章 国際法学と憲法学/石川健治

 第14章 国際法の規範的基礎/井上達夫

 第15章 国際法の法的性質をさぐる/棚瀬孝雄

 第16章 国際法と国際政治/藤原帰一