書籍詳細:原発廃炉に向けて

原発廃炉に向けて 福島原発同時多発事故の原因と影響を総合的に考える

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫僅少
発刊年月
2011.08
ISBN
978-4-535-58600-0
判型
A5判
ページ数
248ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

絶対にあってはならない最悪の原発事故が起こった。事故と正面から向き合い、原因の究明と事故収束の見通し、汚染の広がりと被曝の防止、脱原発に向けた行動戦略を提示。

目次

はじめに/山田國廣



福島原発同時多発事故から何がわかったか/広瀬 隆

福島原発で何が起こったか――原因と意味/井野博満

福島原発で何が起こったか――原発設計技術者の視点/ 後藤政志

東電・保安院などの事故対応の問題点/黒田光太郎

福島第一原発事故による放射線の健康影響/崎山比早子

福島第一原発事故による海洋汚染/福本敬夫

原発事故による土壌汚染を考える

 ――福島原発事故の原因と影響の総合的解明の試み/山田國廣

飯舘村の放射能汚染調査に参加して

 ――足尾-水俣-福島:日本の公害の歴史から見えてくるもの/菅井益郎

原発廃炉の経済学――危険な低炭素言説の歴史的起源からからの考察/室田武

上関原発の工事中止の行方/三輪大介

パネルディスカッション原発廃炉に向けて/

井野博満・黒田光太郎・後藤政志・菅井益郎・福本敬夫

三輪大介・室田武・山田國廣・和田喜彦

付表1 日本の原子力年表/和田喜彦

付表2 日本の原子力発電所一覧/和田喜彦