書籍詳細:生産性とイノベーションシステム

経済政策分析のフロンティア(第2巻) 生産性とイノベーションシステム

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,060円(本体価格 4,600円)
在庫僅少
発刊年月
2011.03
ISBN
978-4-535-55653-9
判型
A5判
ページ数
384ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

低迷している日本の生産性上昇、成長力をどう強化していくのか―――

企業が国際競争力を維持していくためには、持続的なイノベーションが不可欠である。イノベーションを促進する政策とは何か?

目次

序 章 日本企業の生産性とイノベーション・システム 成長力強化に向けて(長岡貞男)

第1章 日本の産業レベルでのTFP上昇率 JIPデータベースによる分析(深尾京司)

第2章 政府統計ミクロ・データによる生産性分析(伊藤恵子・松浦寿幸)

第3章 無形資産の計測と経済効果 マクロ・産業・企業レベルでの分析(宮川努・金榮愨)

第4章 日米のイノベーション過程 日米発明者サーベイからの知見(長岡貞男)

第5章 イノベーション,産業クラスターおよび起業活動

    1 NTBFsによるハイテク産業形成の条件(西澤昭夫)

    2 製品開発型中小企業を中心とする産業クラスター形成の可能性を示す実証研究

     (児玉俊洋)

    3 起業選択,起業後のパフォーマンスと起業支援政策(安田武彦)

第6章 設計比較優位説のプロセス的基礎(藤本隆宏)

第7章 サイエンス型産業における国際競争力低下要因を探る 半導体産業の事例から

    (中馬宏之)