書籍詳細:アスペルガーを生きる子どもたちへ

アスペルガーを生きる子どもたちへ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,296円(本体価格 1,200円)
在庫僅少
発刊年月
2010.12
ISBN
978-4-535-56289-9
判型
四六
ページ数
176ページ
Cコード
C1011
ジャンル

内容紹介

診断の難しいアスペルガー症候群。その人生を、自分らしく、あるがままに生き抜いていくためには――渾身の語り下ろしエッセイ。

目次

第1部 あなたがあなたらしく生きるために

あなたはあなたのままでいい

「あるがまま」を認めるとは

自分を否定しないで

空気を読めない?

無理な適応はしなくていい

裏表が無く、自分を飾りたてない人たちのすがすがしさ

疲れを自覚できない人たち

先回りせず、後押しを

多様性を受け入れる社会に

記憶が消えない苦しみ

予測のつかない未来への苦痛

得意なこと、苦手なこと

言われたとおりに対応しても……

愛情の強さゆえに

診断を受け入れられない親、ホッとする当事者

可能性を引き出す

診断を受けとめるためには

仲介者の存在

信頼できる人をみつける

本当にアスペルガー症候群は増えているのか

自分の居場所

自立と結婚

焦らないで、待つ





第2部 TEACCHをただしく理解する

私たちが理解しにくい特性へのTEACCHのかかわり

私がTEACCHから学んだこと

TEACCHはあくまで個別対応

生活しやすい「構造化」とは

多様性と一律性

人は人間関係の中で生かされる

なぜ「構造化」が良いのか

TEACCHはのびのび生活できる

できることと、できないことの落差ゆえに

専門家の役割

職場での対応

無理解で熱心な人たち