書籍詳細:援助ドナーの経済学

援助ドナーの経済学 情けはひとのためならず

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,600円(本体価格 6,000円)
在庫僅少
発刊年月
2010.11
ISBN
978-4-535-55638-6
判型
A5判
ページ数
344ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

開発援助がどのようにドナー国(援助する側)の経済厚生を改善するのかを、理論と実証、及び現実の援助の実態調査から明らかにする。

目次

序章 ドナーが納得しない援助はsustainableでない

 1 「開発援助」、「ドナー」、「受益国」とは

 2 近年の「開発援助アキテクチュア」

 3 援助動機と「広義の国益」

 4 開発援助は「効果的」か

 5 「効果的な援助」とは



第1章 開発援助ファイナンスの新潮流:「制度政策環境」の重視と受益国に応じた支援

 1 はじめに

 2 選択的援助(Selectivity)と制度政策環境

 3 脆弱国家(Fragile States)支援と制度政策環境

 4 債務問題と制度政策環境

 5 結語

 補論 貧困削減のための効率的開発援助



第2章 援助ドナーの支援動機と「援助協調の経済学」

 1 はじめに

 2 概念整理(定義)-「援助協調」、「取引費用」及び「負担」

 3 開発援助と「負担」

 4 援助協調の「理論」-「援助協調モデル」の適用

 5 援助協調の「実態」-援助協調手法の進展と改善分野

 6 ケース・スタディー-ベトナムの援助協調とモデルの適用

 7 結語



第3章 国際公共財は誰が負担するのか:国際公共財援助のメカニズム

 1 はじめに

 2 国際公共財(IPG)援助の理論

 3 国際公共財援助の規模

 4 地球環境ファシリティー(GEF)と地球公共財の供給

 5 国際公共財援助の提供主体:普遍的国際機関か、地域的国際機関か、二国間援助機関か

 6 結語

(参考)集計方法に対応した各種ゲーム構造

 数学付録



第4章 内戦の開発経済学と紛争後支援

 1 はじめに-内戦の重荷

 2 「内戦」の開発経済学

 3 実証分析

 4 カンボジア経済と開発援助の実態

 5 結語:「重荷」のおろし方

 (参考1)内戦の定義

 (参考2)ASEAN諸国の内戦勃発状況(1960年以降)



第5章 高齢化する東アジア:成長モメンタムを維持できるか

 1 はじめに

 2 高齢化のマクロ経済への影響

 3 高齢化と金融市場

 4 東アジア地域大の高齢化対策



終章 持続的で説得的な援助を目指して

 1 各章のまとめ

 2 開発コミットメント指数(CDI)とわが国の貢献度

 3 短期成長促進援助

 4 CDI再考-援助ドナーのパフォーマンス指数(IDP)は適切な指標か

 (参考)Clemens,Radelet and Bhavnani(2004)における援助項目(CRS)分類