書籍詳細:非行と広汎性発達障害

シリーズ:こころの科学叢書

非行と広汎性発達障害

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,836円(本体価格 1,700円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2010.09
ISBN
978-4-535-80420-3
判型
四六判
ページ数
268ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

日本で初めて非行と発達障害の関係について言及した記念碑的論文をはじめ、発達障害理解に欠かせない必読論文を集めた珠玉の論集。

目次

序 章 非行と広汎性発達障害

 1  非行と広汎性発達障害



第1章 広汎性発達障害を考える

 2  青年期の高機能自閉症・アスペルガー障害の司法的問題

 3  性非行に見るアスペルガー障害

 4  アスペルガーと虐待の不思議な関係

 5  これからの広汎性発達障害支援に望むこと

 6  発達障害と精神鑑定



第2章 少年犯罪を考える

 7  少年非行・少年犯罪

 8  小学生の犯罪を考える

 9  少年犯罪と軽度発達障害

 10  アスペルガー障害と性犯罪

 11 広汎性発達障害と統合失調症の鑑別と治療



第3章 少年とむきあう

 12 非行少年と「いのち」の教育

 13 子どもの発達と非行

 14 親が放任し、子どもに非行傾向があるとき

 15 発達障害のある非行少年の処遇

 16 発達障害を抱える非行少年の精神療法

 17 子ども虐待への支援

 18 非行少年と風景構成法

参考リンク

電子書籍(Amazon Kindle版)はこちら

http://www.amazon.co.jp/dp/B00GOJ2DQK/

本書には電子書籍(Amazon Kindle版)があります。