書籍詳細:リッカチのひ・み・つ

リッカチのひ・み・つ 解ける微分方程式の理由を探る

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,808円(本体価格 2,600円)
在庫なし
発刊年月
2010.09
ISBN
978-4-535-78631-8
判型
A5判
ページ数
256ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

「解ける微分方程式」の解けるしくみを調べつつ、対称性の群という考え方とそこから拡がるリー群論や数理物理の世界を紹介する。

目次

第1章 常微分方程式

 1.1 不定積分

 1.2 変数分離形

 1.3 1 階線型常微分方程式

 1.4 リッカチ方程式

 1.5 複比

第2章 射影変換と複比

 2.1 無限遠点

 2.2 射影直線

 2.3 リッカチ方程式の対称性

第3章 行列の指数函数

 3.1 ベクトル値函数

 3.2 行列値函数の微分

 3.3 テイラー展開

 3.4 ノルム

 3.5 基本列*

第4章 1 径数群

 4.1 簡単な例

 4.2 指数法則

 4.3 公式をつくる

 4.4 指数函数の連続性*

 4.5 1 径数群

第5章 ベクトル場

 5.1 接ベクトル

 5.2 領域

 5.3 方向微分

 5.4 ベクトル場

第6章 流れ

 6.1 曲線の接ベクトル場

 6.2 積分曲線

 6.3 ベクトル場の完備性

 6.4 線積分

 6.5 渦度

第7章 完全微分方程式

 7.1 曲線の表示方法

 7.2 解曲線

 7.3 ポテンシャルをもつ場合

 7.4 積分因子

 7.5 積分因子の見つけ方

 7.6 変数分離形

 7.7 線型微分方程式

第8章 1 径数変換群の不変函数

 8.1 不変量について復習

 8.2 変数分離形の 1 径数変換群

 8.3 線型常微分方程式の 1 径数変換群

 8.4 不変函数

 8.5 不変図形

第9章 リーの定理

 9.1 導函数の変化

 9.2 延長

 9.3 ベクトル場の延長

 9.4 不変微分方程式

 9.5 不変微分方程式の例

 9.6 予想の検証

第10章 射影変換とベクトル場

 10.1 岩澤分解

 10.2 線型リー群

 10.3 リー環

 10.4 1 次分数変換への応用

 10.5 直線上のベクトル場

 10.6 射影変換の定めるベクトル場

 10.7 力学への応用*

第11章 リッカチ方程式の解けるひみつ

 11.1 リー型微分方程式

 11.2 斉次方程式

 11.3 定数変化法

 11.4 リッカチ方程式のひみつとは

 11.5 リーの夢

第12章 リウヴィル方程式

 12.1 グラム-シュミット分解

 12.2 随伴作用

 12.3 リウヴィル方程式

 12.4 リウヴィル方程式を解く

 12.5 戸田格子へ

第13章 KdV 方程式

 13.1 点の運動

 13.2 射影曲率

 13.3 運動の連続変形

 13.4 逆散乱法へ

 13.5 最後に

付録A 微分学

付録B リッカチの方程式

付録C 微分ガロア理論の一例

付録D 微分形式

正誤情報

2015.12.02 errata78631-1_1.pdf

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。