書籍詳細:日本の医者

シリーズ:こころの科学叢書

日本の医者

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫あり
発刊年月
2010.09
ISBN
978-4-535-80424-1
判型
四六判
ページ数
320ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

若き日の中井久夫が、筆名(楡林達夫)で書き下ろした『日本の医者』「抵抗的医師とは何か」『病気と人間』の三作を完全復刻。日本医学界への真摯な問題提起の書。刊行後ほぼ半世紀を経た今、日本の医学・医療は進化したか。

目次

第一部 日本の医者

1 日本の医者

(1)医者というもの

(2)医学の発展のなかで

2 日本の医療の未来像

(1)問題のむつかしさ

3『日本の医者』あとがき



第二部 抵抗的医師とは何か

(1) 第五章への序

(2) 期待されない医師

(3) あなた自身の組織論

(4) 入局を前にして

(5) 波にのまれて若年寄

(6) 幸福な科学技術=医学

(7) 閉鎖的な人間関係

(8) あなたのうちなる「医局」

(9) 天上の火を盗む

(10) ゲリラの四原則

(11) 持久戦の日々

(12) 共犯者の痛みから

(13) 抵抗的医師の日常生活

(14) 研究労働者の地位確立

(15) 遠くから低い声が

(16) 新しい連帯の胎動

(17) 両面作戦

(18) 革命家は別の入り口へどうぞ

(19) もう若くない「あなた」にも一言

(20) 残さるべき死



第三部 病気と人間

1『病気と人間』まえがき

2 病気とのたたかい

3 日本の医療



第四部 楡林達夫『日本の医者』などへの解説とあとがき

書評掲載案内

■2014年 9月1日付 『朝日新聞』夕刊(5面)