書籍詳細:線形代数学(新装版)

線形代数学(新装版)

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,180円(本体価格 3,800円)
在庫あり
発刊年月
2010.08
ISBN
978-4-535-78654-7
判型
A5判
ページ数
376ページ
Cコード
C3041
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

抽象的な基本・重要概念に対し、ビジュアルなアプローチと話の流れを重視し、思考順・学習順に構成した教科書。新装版として登場!

目次

第1章 ベクトル

1.1 ベクトル

1.2 ベクトルの演算

1.3 複素平面

1.4 複素ベクトル空間



第2章 行列

2.1 行列

2.2 行列の演算

2.3 行列の積

2.4 行列の演算の法則

2.5 正則行列,逆行列

2.6 行列の分割

2.7 複素行列



第3章 線形写像

3.1 写像

3.2 線形写像

3.3 線形写像の行列表現

3.4 線形写像の合成と行列の積の関係

3.5 連立1次方程式--- (正則変換の場合の解法のアイデア)



第4章 行列式

4.1 行列式のイメージ

4.2 置換

4.3 置換の互換への分解

4.4 置換の符号

4.5 行列式の定義

4.6 行列式の基本的性質

4.7 行列式の展開

4.8 行列の積の行列式

4.9 正則行列,逆行列

4.10 ファンデアモンデの行列式



第5章 連立1次方程式

5.1 連立1次方程式の解法

5.2 クラーメルの公式



第6章 ベクトル空間

6.1 抽象的ベクトル空間

6.2 1次結合と部分空間

6.3 線形写像

6.4 1次独立と1次従属

6.5 連立斉1次方程式

6.6 行列式と1次独立性の関係

6.7 ベクトル空間の基底(ベース)

6.8 ベクトル空間の次元

6.9 基底の間の関係

6.10 線形写像の行列表現

6.11 ベクトル空間の同型

6.12 商ベクトル空間



第7章 ランク

7.1 ランクの定義

7.2 小行列式によるランクの定義

7.3 線形写像の基本定理

7.4 同型写像の特徴づけ



第8章 連立1次方程式(2)

8.1 解の存在定理

8.2 連立斉1次方程式の解法

8.3 線形写像でとらえる解の集合の形

8.4 連立1次方程式の基本変形

8.5 行列の行基本変形,列基本変形

8.6 階段行列

8.7 階段行列の手法で解く連立1次方程式

8.8 逆行列の計算



第9章 固有値と固有ベクトル

9.1 固有値と固有ベクトルの意味

9.2 固有多項式と固有方程式

9.3 行列の対角化

9.4 行列の三角化



第10章 内積

10.1 空間の内積と外積

10.2 内積空間

10.3 ベクトルの長さ(ノルム)

10.4 ベクトルのなす角

10.5 シュミットの正規直交化法

10.6 直交補空間,直和分解

10.7 計量を保つ写像

10.8 直交行列

10.9 エルミット内積

10.10 ユニタリ行列



第11章 正規行列の対角化

11.1 実対称行列とエルミット行列

11.2 正規行列

11.3 実2次形式とエルミット形式

11.4 2次曲線と2次曲面



第12章 ジョルダンの標準形

12.1 不変部分空間

12.2 べき零部分空間

12.3 安定像空間

12.4 べき零部分空間と安定像空間による直和分解

12.5 一般固有空間

12.6 一般固有空間による直和分解

12.7 べき零写像によるフィルトレーション

12.8 べき零写像に関係してとる基底

12.9 べき零行列の標準形

12.10 ジョルダンの標準形