書籍詳細:企業の憲法的基礎

早稲田大学21世紀COE叢書 企業の憲法的基礎

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,104円(本体価格 3,800円)
在庫なし
発刊年月
2010.07
ISBN
978-4-535-00222-7
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

欧州の法人、団体・結社に対する警戒感等を踏まえ、市民社会に根ざした成熟した企業社会、資本市場にとっての憲法秩序・企業法制を問う。

目次

序 論 憲法学から企業を分析する視角/戸波江二



第1部 憲法学から企業を分析する視角



 第1章 企業法制と憲法学/上村達男

 第2章 企業倫理の憲法的基礎/三宅雄彦



第2部 法人の人権、企業・団体の活動と構成員の自由



 第3章 株式会社の政治献金と株主の政治的信条・投票の自由/福岡英明

 第4章 団体の活動と構成員の自由/渡辺康行

 第5章 私人間効力論の意義/木下智史

 第6章 保護義務論のベーシック/松原光宏

 第7章 三菱樹脂事件最高裁判決の再検討/根森健

 第8章 雇用の分野におけるアファーマティヴ・アクション/安西文雄

 第9章 憲法の私人間効力・外論/渡辺洋

 第10章 無償労働と「勤労の権利及び義務」/押久保倫夫