書籍詳細:博士の奇妙な成熟

博士の奇妙な成熟 サブカルチャーと社会精神病理

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫なし
発刊年月
2010.05
ISBN
978-4-535-56286-8
判型
四六判
ページ数
234ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

思春期問題の解決はつねに成熟と関係する。成熟をめぐって、サブカルチャーから精神医学的問題まで気鋭の精神科医が読み解く。

目次

第1章 終わらない思春期――対人関係の欠落がいかに「成熟」を阻害するか



第2章 サブカルチャーとともに大人になること



第3章 「ニート」など存在しない



第4章 「おたく」であることの困難と希望



第5章 サブカルチャーとボーダーライン



第6章 メディアとペドフィリア――ロリコン文化はいかに消費されたか



第7章 パラサイト・シングル



第8章 「追っかけ」と自罰パラノイア



第9章 持続のために叱る、ということ



第10章 なぜ「精神分析」か?



第11章 「解離とはなにか」とはなにか



第12章 「再帰性うつ病」の時代



第13章 「心のカゼ」と操作主義



第14章 隠喩的病因論と分裂性分析

書評掲載案内

■2010年06月20日付『高知新聞』

■2010年06月20日付『徳島新聞』

■2010年06月20日付『山形新聞』

■2010年06月27日付『新潟新聞』

■2010年07月04日『神戸新聞』

■2010年07月11日『信濃毎日』/『愛媛新聞』

■2010年07月18日『南日本新聞』

参考リンク

電子書籍(Amazon Kindle版)はこちら

http://www.amazon.co.jp/dp/B00YLWMHG8/

本書には電子書籍(Amazon Kindle版)があります。