書籍詳細:認知症 よい対応・わるい対応

認知症 よい対応・わるい対応 正しい理解と効果的な予防

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫なし
発刊年月
2010.02
ISBN
978-4-535-98320-5
判型
四六判
ページ数
212ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

認知症は予防でき、うまく対応できれば決して厄介な病気ではない。臨床と地域医療の実践をふまえた、かゆいところに手が届くアドバイス。

目次

第1章 認知症とはどんな病気か



認知症はありふれた病気で、怖い病気ではない

老化による物忘れと病気による物忘れの違い

記憶の貯金箱の海馬が障害される

認知症には大きく分けて四つの型がある

治る認知症を見逃さない

老人性うつ病と認知症の見分け方

アルツハイマー型認知症は遺伝するのか



第2章 こんな症状があったら病院へ行こう



認知症の主な症状

認知症発見のポイント

何科を受診したらいいのか

受診の前に家族がチェックすること、整理すること

病院での検査と診断方法



第3章 認知症と診断されたら



家族と周囲の対応次第でよくも悪くもなる

安心ケア10ヵ条

病気の進行を遅らせるために

認知症の治療薬

非薬物療法

在宅介護と施設入所

介護保険の手続きとサービスの利用法

成年後見制度と自動車免許



第4章 認知症は予防できる



こんな人は認知症になりやすい

認知症になりにくい生活習慣とは

高齢者にやさしい地域づくりを目指す



第5章 これで安心! よい対応・わるい対応

書評掲載案内

■2010年03月12日付『日本海新聞』

■2010年04月06日付『日刊ゲンダイ』

■2010年04月19日付『愛媛新聞』