書籍詳細:死刑の基準

死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
在庫あり
発刊年月
2009.11
ISBN
978-4-535-51722-6
判型
四六判
ページ数
352ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

四人を射殺して死刑判決を受けた永山則夫。初めて公開される永山の書簡をもとに、死刑の実像に迫る。裁判員時代に必読の書。

第32回講談社ノンフィクション賞受賞

目次

プロローグ

第1章 おいたちから事件まで

第2章 一審「死刑」

第3章 二審「無期懲役」

第4章 再び、「死刑」

第5章 「永山基準」とは何か

エピローグ

書評掲載案内

■2009年12月06日『赤旗』

■2009年12月13日『中国新聞』(12面)

■2009年12月27日『信濃毎日新聞』

■2010年01月31日『朝日新聞』

■2010年03月01日『サンデー毎日』

■2010年03月08日『AERA』NO.10

■2010年03月14日『北海道新聞』

■2010年07月24日『図書新聞』

正誤情報

2010.08.02 errata51722-1_1.pdf

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。