書籍詳細:数学・文化・人間

シリーズ:遠山啓エッセンス

数学・文化・人間 遠山啓エッセンス7

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,376円(本体価格 2,200円)
在庫僅少
発刊年月
2009.10
ISBN
978-4-535-60330-1
判型
四六判
ページ数
204ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

遠山啓は名エッセイストでもあった。広い視野と豊かな知識、味わい深い文章でつむぎ出された珠玉のエッセイと数学評論の数々。全巻完結。

目次

数学論



数学と弁証法

科学への道――女性に与う3つの原則

数学の歴史的発展

数学論よ、おこれ

数学の社会的役割

数学論の発展のために

数学の未来像



文化・人間



風刺文学への期待

液体になる瞬間

科学的とは

教師でない教育者

科学教育と芸術教育

読書の七癖

学問に遊ぶ

宮沢賢治のこと

湿った酒、乾いた酒

関東大震災の思い出

学問の切り売り

つづり方開眼

教師退場

英語との半世紀のつきあい

痴育偏重から知育尊重へ

宣長の机

学校と塾

指定券の思想

夢見る動物



解説 遠山啓の選択した道/小沢健一