書籍詳細:日本の教育はどうなるか

シリーズ:こころの科学増刊

こころの科学増刊 日本の教育はどうなるか 教育改革の失策を問う

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,646円(本体価格 1,524円)
在庫なし
発刊年月
2009.03
ISBN
978-4-535-90420-0
判型
B5判
ページ数
180ページ
Cコード
C9411
ジャンル

内容紹介

その時々の弥縫策に追われ通しの教育改革。現状からかけ離れた小手先の改革はもういらない。現場の未来を見据えた真摯な提言。

目次

総説 教育改革の途上――迷子になっているのはだれか/赤田圭亮



1 教育改革の目玉は、いま



小対談(1)子どもたちに生きる力はついたか/赤田圭亮・岡崎 勝

「総合的な学習の時間」は定着したか(小学校)/向井吉人

「総合的な学習の時間」は定着したか(中学校)/福田恵一

「総合的な学習の時間」は定着したか(高等学校)/夏木 智

困惑を残して消える選択教科/伊藤育雄

観点別絶対評価の意味するもの――逃げ場のない小学生/大垣智紀

観点別絶対評価の構造的矛盾/赤田圭亮

職場体験学習とキャリア教育――支配と服従の論理/深澤 裕

二学期制は功を奏したのか/石井 康

学校の自由化について/由紀草一



2 授業と生活指導



小対談(2)教員は授業で勝負してきたか/赤田圭亮・岡崎 勝

小学校の授業はどう変わったか/岡崎 勝

中学・社会の授業はどう変わったか/福田恵一

中学・数学の授業はどう変わったか/樽木靖夫

中学・保健体育の授業はどう変わったか/間宮英美

高等学校の授業は変わらないのか/由紀草一

手のかかる児童と生活指導/岡崎 勝

中学生の問題行動と生徒指導/平川正浩



3 子どもと教員の関係



小対談(3)子どもの日常はどう変わったか/赤田圭亮・岡崎 勝

子どもの学力と教員のゆとりとの関係/山際敏和

課外クラブと小学校――金管クラブは学校を変えるか/吉田 晃

部活動と中学校――隆盛を誇る部活動の光と闇/塚原一郎

高校入試の現実――進路指導は、いま/土井俊介

学校行事の現在――行事の日常化がもたらすもの/竹林 隆

子どもは教員をどう見ているか /黒坂明徳

学校における性差別問題/岡崎 勝



4 子どもと学校の周辺



小対談(4)学校への視線はどう変わったか/赤田圭亮・岡崎 勝

教育改革――塾から見ると/斉籐悦雄

マスコミの功罪――教育論議とメディアの責任/夏木 智

特別支援教育と個別指導――障害児教育は、いま/朝倉賢司

心理職から見た学校と子どもたち/黒沢幸子

父親はどこにいるのか――「競争」と「効率化」の荒波のなかで/山本芳幹

子どもを追いかける母親たち/岡崎 勝



5 教員のこれから



小対談(5)いま、若い教員に伝えておきたいこと/赤田圭亮・岡崎 勝

職員室の雰囲気は変わったか――主幹制度と教員評価/赤田圭亮

管理職は変わったか――「校長」という名のサービス業/岡崎 勝

条件附採用者と研修問題――初任者研修の意味と意義/井澤絵梨子

指導力不足教員と免許更新制/五十嵐 進

休憩時間、超過勤務はどうなったか――職員のメンタルヘルス/井上 満

人事評価と賃金格差/赤田圭亮

教員組合はいったい何をしているのか/高橋秀明



総括 新学習指導要領はなにを目指すべきか/岡崎 勝