書籍詳細:光るクラゲがノーベル賞をとった理由

光るクラゲがノーベル賞をとった理由 蛍光タンパク質GFPの発見物語

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,836円(本体価格 1,700円)
在庫僅少
発刊年月
2009.04
ISBN
978-4-535-78628-8
判型
四六判
ページ数
210ページ
Cコード
C3043
ジャンル

内容紹介

オワンクラゲで知られるノーベル化学賞を紹介する一冊。主役となる蛍光たんぱく質の発見から、最先端での利用までを気鋭の大学院生たちが執筆。

目次

プロローグ 生命科学を導く星



第1部 光る生き物たち



1章 光る生き物たち

2章 どうやって光るの?

3章 なぜ光るの?

4章 光る生き物を利用する



第2部 2008年度ノーベル化学賞受賞??GFPの発見と改変の歴史



1章 オワンクラゲの発光物質を求めて

2章 チャルフィー博士とチェン博士の功績



第3部 最先端の研究現場でのGFPの応用



1章 がん研究におけるGFPの活躍

2章 脳研究におけるGFPの活躍



エピローグ 宮脇敦史博士インタビュー

書評掲載案内

■2009年5月17日付 『徳島新聞』

■2009年5月17日付 『北國新聞』

■2009年5月17日付 『富山新聞』

■2009年5月17日付 『朝日中学生ウィークリー』(7面)

■2009年5月21日付 『沖縄タイムズ』(13面)

■2009年5月24日付 『信濃新聞』(13面)

■2009年5月24日付 『河北新報』(20面)

■2009年5月24日付 『中国新聞』(10面)

■2009年5月24日付 『神戸新聞』(13面)

■2009年5月31日付 『新潟日報』(22面)

■2009年6月14日付 『愛媛新聞』(14面)

■2009年8月 『日経サイエンス』