書籍詳細:現代メディア法研究

現代メディア法研究 憲法を現実に作動させるファクター

の画像の画像
  • 立山 紘毅
  • 紙の書籍
定価:税込 6,048円(本体価格 5,600円)
在庫なし
発刊年月
1996.12
旧ISBN
4-535-58216-5
ISBN
978-4-535-58216-3
判型
A5判
ページ数
264ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

現代メディアの抱えるそして抱えるであろう問題の本質と「情報化社会」の中での表現の自由のあり方について憲法学の視点から多角的に考察する。また、メディアの自由、ジャーナリストの自由について新たな考察を加える。

目次

第1部 メディアの自由・ジャーナリストの自由
 第1章 マスコミをめぐる「三極構造」論分析とアクセス権批判
 第2章 マス・コミュニケーションをめぐる社会関係と「内部的自由」の構図
 第3章 戦後西ドイツのメディア秩序
 第4章 メディア秩序と連邦憲法裁判所
 第5章 民主主義的機能理論
 第6章 古典的自由理論
 第7章 基本権論と「内部的自由」論
第2部 自由の諸相
 第1章 放送-通信法制の構造と問題点
 第2章 80年代放送法制改革の構図と受託国内放送の導入
 第3章 ソフト・ハード分離システムの問題点
 第4章 多チャンネル化・デジタル化を軸に進行する「規制緩和」
 第5章 性表現における「規制緩和」?
 第6章 政治とメディア
 第7章 メディア法制改革における三つのファクター