書籍詳細:年報医事法学 第14号

年報医事法学 第14号 カルテ開示を中心として

の画像の画像
  • 日本医事法学会
  • 紙の書籍
定価:税込 3,888円(本体価格 3,600円)
在庫なし
発刊年月
1999.07
旧ISBN
4-535-05414-2
ISBN
978-4-535-05414-1
判型
A5判
ページ数
264ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

日本医事法学会の学会誌。毎年の学会研究大会の報告をまとめて収録するほか、各年の主たる判例・著書の紹介をはじめ医事法に関するトピックス等をも伝える。毎号収載の判決・文献目録は研究・実務に至便の資料。

目次

巻頭言
 第28回 日本医事法学会総会 研究大会記録
 薬害エイズと薬事行政改革の問題点
 診療報酬明細書(レセプト)に対する患者の意識
 診療録開示と診療契約
 診療記録の本人開示義務の法制化に対する憲法的規律
 診療記録の開示をめぐる若干の論点についての検討 ほか
 判決紹介
 ダウン症児出産に関する説明、検査義務
 被施術者の承諾と豊胸手術の違法性
 植毛治療行為と医師法違反
 乳癌治療法の選択可能性と医師の説明義務
 輸血拒否患者への無断輸血と自己決定権 ほか
 文献紹介
 中山研一・福間誠之編『臓器移植法ハンドブック』
 植木哲著『医療の法律学』
 医事法トピックス
 新GCPの主な特長と基本的な問題点
 ユネスコ「ヒトゲノムと人権に関する世界宣言」
 イギリスNHS改革
 医師の臨死の看取りについてのドイツ連邦医師会の諸原則
 世界医事法会議
1998年医事法関係判決目録
1998年医事法学文献目録