書籍詳細:図説ラテンアメリカ経済

図説ラテンアメリカ経済

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,640円(本体価格 2,400円)
在庫あり
発刊年月
2009.04
ISBN
978-4-535-55573-0
判型
B5判
ページ数
130ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

一次産品経済から輸入代替工業化への転換、さらに経済自由化へ――。開発の現状と課題、展望を、図表を駆使して平明に描き出す。

目次

第1章 一次産品輸出経済から輸入代替工業化へ

1.一次産品輸出経済

2.輸入代替工業化

第2章 マクロ経済の諸問題

1.対外債務危機

2.インフレーション

3.今日のマクロ経済の課題

第3章 ラテンアメリカの経済自由化

1.ネオリベラリズムの浸透

2.経済改革の進展

3.改革の遅れている分野

4.経済自由化の課題

第4章 経済発展と政府

1.大きな政府とポピュリズム

2.財政

3.社会保障

4.21世紀における左派政権の躍進

第5章 経済発展と企業

1.国営企業

2.民族系企業

3.多国籍企業

第6章 人的資本と技術開発

1.人的資本と経済発展

2.ラテンアメリカの教育

3.国際的に見たラテンアメリカの技術と競争力

第7章 貧困と格差

1.貧困削減の進歩

2.貧困削減のためのCCT

3.所得格差

第8章 農業と農村

1.世界におけるラテンアメリカ農業

2.多様な環境に規定された農業

3.農業・農村の変遷

第9章 経済のグローバル化

1.ラテンアメリカと世界経済

2.貿易関係の深化

3.国際資本移動の発展

4.人の移動

第10章 地域統合

1.ラテンアメリカの地域統合の背景

2.1990年代以降のラテンアメリカ地域統合

3.ラテンアメリカのインフラストラクチャー協力

4.新しい時代の地域統合

第11章 新一次産品輸出経済

1.一次産品輸出経済の復権

2.農林水産品

第12章 開発と環境

1.危機に瀕する自然

2.悪化する都市環境

3.環境保全への挑戦

第13章 日本とラテンアメリカ

1.わが国との貿易関係

2.わが国との直接投資を通じる関係

3.政府開発援助