書籍詳細:民法学入門[第2版]

民法学入門[第2版] 民法総則講義・序論

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,132円(本体価格 2,900円)
在庫なし
発刊年月
2009.04
ISBN
978-4-535-51648-9
判型
A5判
ページ数
376ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

民法のイメージを豊富に伝える良書として高評を得ている本の第2版。「問題の展開」も収載された、講義・自習に最適な入門書。

目次

第1章 民法の意義と機能/隣人訴訟判決(津地裁昭和58年2月25日判決)

第2章 民法における「権利」の意味/宇奈月温泉事件判決(大審院昭和10年10月5日判決)

第3章 「人の法」としての民法/阪神電鉄事件判決(大審院昭和7年10月6日判決)

第4章 民法における権利の実現と「公序良俗」/酌婦前借金事件判決(最高裁昭和30年10月7日判決)

第5章 民法を支配する「信義則」/マンション分譲契約交渉破棄事件(最高裁昭和59年9月18日判決)

第6章 ローマ法の継受と「日本民法典」/条件付き奴隷解放遺言事件(年代不詳・古代ローマ時代)

第7章 民法規範の費用・便益(法の経済分析)/立退料「正当事由」補強判決(最高裁昭和38年3月1日判決)

第8章 民法における一般法・特別法および法の解釈/制限超過利息返還請求事件判決(最高裁(大法廷)昭和43年11月13日判決)

第9章 民法によって体現される憲法的価値/自衛官合祀事件判決(最高裁(大法廷)昭和63年6月1日判決)

第10章 現代社会における民法/高齢化・高度情報化・国際化



補講 問題の展開



1 錯誤と瑕疵担保責任

2 無権代理人が本人を他の相続人とともに共同相続した場合

3 占有改定と即時取得

4 不動産取引における当事者の意思・責任・信頼

5 不動産取引における背信的悪意者からの転得者

6 キャッシュカードの盗用と債権の準占有者に対する弁済

7 当事者間の公平と過失相殺の類推適用

8 製造物責任について

9 ガンの告知

10 不貞行為と配偶者からの慰謝料請求

11 有責配偶者からの離婚請求と破綻主義離婚

12 幼児の引渡と人身保護請求

13 非嫡出子の相続分



おわりに 民法のイメージ―民法解釈学に取り組みはじめた人たちに