書籍詳細:テキストブック現代司法[第5版]

テキストブック現代司法[第5版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,024円(本体価格 2,800円)
在庫なし
発刊年月
2009.05
ISBN
978-4-535-51676-2
判型
A5判
ページ数
328ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

※この書籍には最新版があります。最新版のページはこちら。

※この書籍の最新版を2015年3月に刊行予定です。



日本の司法(制度)について、「司法は誰のためにあるのか」から「これからの司法のために」まで、裁判員制度も含め、わかりやすく解説。

目次

第1章 司法は誰のためにあるか

1 裁判所の門をくぐると……

2 司法へのアクセスはどうなっているか

第2章 法律問題を扱う人々

1 法律問題の相談を受ける人々や機関や団体

2 日本の法律家

3 弁護士

4 司法書士

5 様々の法律家

6 裁判官

7 検察官

8 法科大学院と法曹養成

第3章 日本の裁判を考える

1 様々な紛争解決手段

2 裁判外の紛争処理

3 民事の裁判

4 刑事の裁判

5 行政関係の裁判

第4章 現代司法の環境

1 司法権の位置づけと仕組み

2 日本の司法改革小史

3 裁判官の置かれた状況と統制

4 民事事件における日本人の法行動と法意識

第5章 司法の担い手が広がる

1 裁判員(制度)とは何か

2 裁判員になるあなたのために

3 裁判員以外の国民参加

4 訴訟を支援する人々

5 裁判を監視したり、裁判の改善を目指す運動

第6章 これからの司法のために

1 国際化の中の司法改革

2 社会の中の法

3 司法改革と司法「制度」改革

4 外国への法整備支援

5 司法改革の残された課題