書籍詳細:高校で教わりたかった物理

シリーズ:大人のための科学

高校で教わりたかった物理

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫なし
発刊年月
2009.02
ISBN
978-4-535-60032-4
判型
A5判
ページ数
170ページ
Cコード
C1340
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

科学者は、どうして幽霊の存在を否定できるのだろう。その疑問を出発点に、身の回りを「物理っぽく」とらえる。物理嫌いの人にお勧め!

目次

まえがき

第1章 科学者はなぜ断言するのか?

第2章 「無料の昼飯なし」――エネルギー保存則

第3章 「覆水盆に還らず」――熱力学の第二法則

第4章 「立て板に水」――なぜ、水は「流れる」のか

第5章 「光あれ」――白装束では電磁波を遮れない理由

第6章 「あなたは月に住んでいる」――量子力学の不思議

番外篇 100年前にGPSがなかった理由

おわりに

書評掲載案内

■2009年4月27日付 『日経パソコン』

■2009年6月    『日経サイエンス』