書籍詳細:あおぞらの星2

あおぞらの星2 夜回り先生と生きる

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫僅少
発刊年月
2009.02
ISBN
978-4-535-58562-1
判型
四六判
ページ数
188ページ
Cコード
C36
ジャンル

内容紹介

『あおぞらの星』は、善と悪、愛と性など、思春期に不可欠な哲学的テーマを語った。この2では、前著をふまえて実践的な問題を問いかける。

目次

part 1 昨日 捨てよう

悩みやつらさはまわりの人に伝えよう

夜は眠る時間で、行動する時間ではない

こころの病のサインを見落とさない

子どもはなぜ、子どもなのか

「努力すればできる」は嘘

テレビの恐ろしさを忘れないで

こころの叫び、からだの叫び

償いは、30個の夢

薬物の恐ろしいわな

先入観を捨てよう

座禅のすすめ

自分の人生、自分で歩きはじめよう

気力、生きる力は君がつくる

part 2 今日 受け入れよう

「不完全なもの」ということ

こころと頭のモヤモヤを吹き飛ばす方法

想いは喜怒哀楽にのせて伝えよう

新しい出会いは焦らず、無理せず

「なんで私だけ」と思わない

ほほえみを返していますか

こころのあたため方

秘伝、仲直りのレシピ

本当の友情や愛は、探し求めるものではない

宗教的な力とこころに響く何か

君の今をすべて受け入れよう

文字やことばには命が宿る

幸せは君の足元にある

part 3 明日 拓こう

自分をつくり直しませんか

良心の声、「でもね」を聞こう

目を閉じて美しい音を、耳を閉じて美しいものを探す

考えすぎに経験を積み重ねる

社会的な正義とこころの正義

価値に見合う価格を知る

きれいなネクタイ

子どもたちの笑顔のために

「また、大人を信じたくなりました」

瞳を輝かせ明日を夢見る子どもたち

本物、目指した道を生き抜いた人

継続は一生の大きな力

あきらめない、あきらめない

人生は「だらだら」と、でも一歩ずつ前進しよう

書評掲載案内

■2009年2月14日付『フジサンケイビジネスアイ』読書欄(19面)

■2009年2月18日付『日刊ゲンダイ』(14面)

■2009年3月4日付『聖教新聞』

■2009年3月4日付『毎日新聞』(11面)

■2009年3月15日付『高知新聞』(15面)

■2009年3月16日付『四國新聞』(16面)

■2009年12月28日付『家調教フォーラム』No.275